指原莉乃、嫌な目にあったときの強烈な解決方法に反響 「尊敬する」

しらべぇ




タレントの指原莉乃が19日、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿。「嫌なことがあったときの解決方法」について紹介し、視聴者から大きな反響が寄せられた。

■ネガティブになったら…


この日、ファンから寄せられた質問に答える動画をアップした指原。

「ネガティブになるときありますか?」との質問に対し、指原は、ネガティブの原因が自分にある場合、「自分に呪文を唱えるのがめちゃくちゃ上手で、寝たら忘れるって思って寝たら本当に忘れてる」と、「自己暗示」の重要性を説く。

しかし、明らかに相手に原因がある場合については、頭を指差しながら「(脳内で)相手を呪い殺してから寝ます」とシンプルながら強烈な解決方法を伝授する。

関連記事:指原莉乃の発想力に反響 有吉弘行へのコメントに「その返しは思いつかない」

■その後も「脳みそで呪う」をプッシュ


その後も、数多くの番組で年上の芸能人と共演している指原に対して、「仲良かった先輩が苦手だなと感じ、距離を置いているのですが、先輩キラーなさっしーならどうしますか?」というお悩みが。

この相談にも、先輩や後輩、同期など間柄関係なく、「嫌なことがあったりされたら、脳みそで呪う」と先程のアドバイスを再び送りつつ、「この人は子供なんだな。っていうことは、私ってめっちゃ大人じゃない?」と考えて心を鎮める方法も紹介する。

あまりにも態度に出すぎると良くないとして「あくまでも自分の心の中で」「大人の心でグッと耐える」とポイントを解説する指原だが、最後には「あとは脳で呪う」と一言残し、猛プッシュする姿勢を見せた。

■「尊敬する」と反響が


「脳内で呪う」というパワーワードが飛び出したお悩み回答だが、コメント欄には「指原さんの考え方とても尊敬します」「気持ちの切り替え素晴らしい」「実践してみます!」など反響が続出。

中には「どの年代からも好かれる方だと思います」「めっちゃ大人じゃない? で耐えられるのが大人」と、指原の人柄を絶賛する人も。

■睡眠に逃げる人は多い?


「寝たら忘れる」という自己暗示も紹介していた指原だが、実際に嫌なことがあったとき、睡眠に逃げる人は少なくないようだ。

しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,653名を対象に調査を実施したところ、全体の33.4%が「嫌なことがあったときに寝逃げすることがある」と回答している。



指原らしい斬新な回答に反響が集まった同日の投稿。「また質問コーナーやってほしい!」というリクエストも数多く寄せられていた。

・合わせて読みたい→指原莉乃、松本人志に対して失礼すぎる発言 ツッコミ相次ぐ事態に

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ