【バイプレイヤーズ百名鑑】林泰文「観る方のイメージと重なれば良いなと思いながら演じました」

クランクイン!

 日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

◆File No.043 林泰文

都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第5話で林はサスペンスドラマ『わたしの番です』に出演する、記録よりも記憶に残るがモットーだが、殺され役の回数で記録を狙っている俳優“林泰文”役を演じた。

『バイプレイヤーズ』シリーズは初出演。「いつも観ていて好きなドラマでしたので、参加出来る事がとても嬉しかったです」とコメント。長いキャリアを誇る林だが、本人役挑戦は「自分で有り、自分自身とは違う役ですので、観る方のイメージと重なれば良いなと思いながら演じました」と語る。「和気あいあいとしていて、楽しい時間を過ごさせて戴きました」と明かす撮影を経て感じた本作の魅力は「普通のドラマではクローズアップされないバイプレイヤーズの日常を、疑似体験で垣間見る事が出来るところだと思います」と話している。

★林泰文/1971年12月7日東京都生まれ。子役から活動をスタートし、1992年公開の大林宣彦監督映画『青春デンデケデケデケ』で演じた主人公・藤原竹良役でブレイクし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど脚光を浴びる。その後も、ドラマ、映画で活躍を続け、現在は『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系/毎週日曜21時)に出演中。本家『あなたの番です』(日本テレビ系)にも出演していた。

●『バイプレイヤーズ』第5話プレイバック

視聴者の「いいね」が少なければ殺されて降板!? 究極のサバイバルゲーム開幕! 5チャンのサスペンスドラマ『わたしの番です』は、毎回殺人ゲームが引き起こされるストーリーと視聴者の考察合戦で盛り上がり、好調だった。しかし、自分がいつ殺されるのか分からず役者たちは終始不安で…。そんな中、主演の原田龍二が殺され、生き残りを懸けた何でもアリのアピール合戦に発展! 仁義なき役者たちの戦いに衝撃的結末が待ち受ける…!

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ