阿部サダヲ、長瀬智也×宮藤官九郎と16年ぶり再タッグ 『俺の家の話』出演

クランクイン!

 TOKIOの長瀬智也が主演を務め、宮藤官九郎が脚本を手掛けるドラマ『俺の家の話』(TBS系/毎週金曜22時)の第6話(2月26日放送)に、俳優の阿部サダヲがムード歌謡グループのメンバー役でゲスト出演することが発表された。長瀬×宮藤×阿部の3人がタッグを組むのは16年ぶり。

本作は、濃すぎる家族が織りなす、新しい形のホームドラマ。長瀬演じるピークを過ぎたプロレスラーの観山寿一が、能楽の人間国宝である父の介護のため現役を引退し、名家の大黒柱として、次々と一家に降りかかる困難に立ち向かう。そして、謎の女性介護ヘルパー(戸田恵梨香)を巻き込みながら、家族と一致団結し、一家をまとめていく。

宮藤作品の“常連”である阿部は、第6話のスペシャルゲストとして物語のキーマンを務める。今回演じるのは、カラオケビデオ出身俳優4人で結成し、各地のスーパー銭湯を回るムード歌謡グループ「潤 沢」のメインボーカル・たかっし。そのハイテンションな演技で、伝統を重んじてきた観山家の後継者陣に強い影響を与える。

阿部は宮藤が脚本を担当した『池袋ウエストゲートパーク』(2000)に出演し、同作でも主演を務めた長瀬と共演。以降も『タイガー&ドラゴン』(2005)、映画『真夜中の弥次さん喜多さん』(2005)で長瀬×宮藤×阿部の強力タッグを組んできた。この3人が再びひとつの作品でコラボするのは実に16年ぶりとなる。

今回、阿部は劇中で歌声も披露する。阿部は宮藤もメンバーであるバンドグループ「グループ魂」でボーカルを務め、「君にジュースを買ってあげる■」(■は、黒塗りハート)で、第56回NHK紅白歌合戦に出場している。そんな彼の歌唱シーンも見どころだ。

阿部は「僕が初めてテレビドラマでレギュラー出演させてもらった時も主役は長瀬君でした。その時からずっとなのですが、この人が役に入ると『やばい、殺される!』って思う瞬間があるんです(笑)。『池袋ウエストゲートパーク』の時も『タイガー&ドラゴン』の時もそう、でも不思議とそれが気持ちいい。なかなか無いんですお芝居しててそんな事。久しぶりにあの恐怖が味わえてうれしかったです!」とコメントしている。

ドラマ『俺の家の話』は、TBS系にて毎週金曜22時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ