【プロが教える】必要なのは血色感!リモートの時はチークにこだわる!

E-TALENTBANK


外出自粛により増えてきたリモート日常。リモート会議やリモート飲みで私が感じたのは、思っている以上に“疲れ顔”に見えがちだということ。皆様も感じたことはないですか?いつものメイクだと画面越しの印象も弱くなります。もっと大胆に盛っても大丈夫!!そこで盛るコツを今回はご紹介いたします!

【別の記事】ツヤツヤ血色!クリームチークの付け方HOW TO

■チークを盛る




画面上だと顔色が悪く疲れて見えがち。そんなときは血色を盛ることを忘れずに!!

そこで大事なのがチークです!!

明るく鮮やかな色を使い、色味の存在感を強めると一気に明るく若々しさもでますよ!

■point1




入れる位置は少し高めがベスト!目の下に近く入れると、目の暗さも華やいでみえます♪チークは練り状でもパウダーでもOK!

■point2




画面上だと通常よりも一気に暗くみえがち。色味はベージュ系のような肌なじみのよい色よりは、少し鮮やかなコーラルやオレンジ、ピンク系がオススメです!

■point3




発色が強すぎるチークは「おてもやん」といわれがち。ですがオンライン会議には「ハーフおてもやん」くらいの血色感でOK!いつもより強く発色させることを目標に濃いめに入れましょう。

一気に濃くせずに、いつもと同じ量のチークを入れ、もうひと重ねするイメージでON!

いかがでしたか?

画面上だと暗くなる顔色。メイクも普段とは少々発想を変えたほうがいいのかも?!

Text & Photo by RIE

RIE Instagram アカウント

この投稿をInstagramで見る

𝒯 𝑅(@riiiiie127)がシェアした投稿


当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ