『仮面ライダーゼロワン』スピンオフ『滅亡迅雷』予告公開、主題歌はMONKEY MAJIK


『仮面ライダーゼロワン』のスピンオフとして、2021年3月26日より新宿バルト9ほかにて期間限定上映、2021年7月14日にBlu-ray&DVDが発売されるVシネクスト『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』のメインビジュアル、予告編、主題歌が公開された。

この度解禁されたメインビジュアルでは、滅(演:砂川脩弥)の刀を手にした仮面ライダー滅亡迅雷を中央に配し、背後にはサウザンドジャッカーを構えた仮面ライダーザイアや、アークの専属秘書として暗躍していたアズ(演:鶴嶋乃愛)、兵士型ヒューマギア・ソルドたちを引き連れたZAIAエンタープライズ本社のCEO・リオン=アークランド(演:ジェイ・ウェスト)が越えられない高い壁のごとく描かれおり、避けられない戦いが始まる緊張感が感じられる。

「正義・自由・夢のため いざ聖戦の時-」というコピーが添えられ、TVシリーズの頃より自分たちの"正義"、ヒューマギア達の"自由"と"夢"のために闘ってきた滅、迅(演:中川大輔)、雷(演:山口大地)、亡(演:中山咲月)の新たな覚悟が感じられるビジュアルとなっている。

併せて解禁となった予告編では、「人類に告ぐ。今こそ聖戦の時だ」という迅(演:中川大輔)の宣戦布告シーンから始まる。「笑って暮らすことが出来れば、アークはきっと生まれない」と平穏に暮らしていた迅と滅の前にZAIAエンタープライズ本社のCEO・リオン=アークランド/仮面ライダーザイアが兵士型ヒューマギアを連れて現れる。ZAIAに連れ去られた迅は、ヒューマギアを兵器として利用しようとするリオンに憤り、敵対することを決意。しかし滅は、"人間を滅ぼすことが正義と言えるのか"と葛藤し、ふたりは衝突してしまう。それぞれの想いの果てに、滅亡迅雷.netの4人が下した決断とは?アズや刃唯阿(演:井桁弘恵)、不破諫(岡田龍太郎)も登場し、ファン待望の4人同時変身にも期待が持てる仕上がりとなっている。

さらに、Vシネクスト『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』のために書き下ろされた主題歌「S.O.S」が予告映像にて解禁された。「仮面ライダーゼロワン」の変身ベルト・飛電ゼロワンドライバーの変身音も担当した「MONKEY MAJIK(モンキーマジック)」が主題歌を担当。主題歌としては「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」(2017)以来2度目となる。本主題歌はVシネクスト『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』の初回限定版である「マスブレインゼツメライズキー&滅亡迅雷ドライバーユニット版」の封入特典に"主題歌CD"として封入される。
○MONKEY MAJIKからのコメント

『仮面ライダーゼロワン』とは、ベルトの変身音から担当させていただきましたが、最高のスタッフチームとご一緒でき、これまでのバンド活動を超えて、声で表現することの楽しさを感じていました。
子どもたちはもちろん、往年の仮面ライダーファンからも声をかけてもらうことが増え、嬉しく思っていました。
さらに今回、主題歌も担当させていただくことになり、とても光栄です。
作品を何度も見て、物語のエンディングを彩る楽曲を書きおろしましたので、ぜひ作品と合わせて楽しんでいただけたらと思います。

(C)2021 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ