「洗顔をしない」千鳥・大悟、オリラジ藤森の美肌術で顔激変

 

2月16日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)では、美容に全く興味のなかった千鳥の大悟が、美容番長ことオリエンタルラジオの藤森慎吾から美肌術を受け、今までの価値観が覆る展開となった。

 

40年間ため込んだ垢がゴッソリ

相方・中田敦彦のシンガポール移住を機に自身も吉本興業を退社した藤森。いつものごとくチャラ男で登場すると「ありがとう慎吾!」と歓迎するノブと「偉いな」と感心する大悟。スタジオはかつての先輩方とあって「あっちゃんは元気?」と博多大吉から問われ、ノブからも「みんなそう思ってる」と心配される。これに藤森は苦笑となりながらも「それは後で楽屋でしっかりとお伝えさせてください」と申し訳なさそうに答えた。

 

そんな藤森が「皆さん普段美容はどれぐらい気を遣われてますか?」と尋ねると、大悟は「何んもしとらん(洗顔フォームで)顔を洗ったことがない」と明かし一同を仰天させる。さっそく藤森は「今、大悟さんがテレビ出れてる理由は“ただ面白い”それだけですよ?だんだん面白さが減ってきたら、汚たないおじさんなんか誰もテレビに出さないよ!」と説得し、大悟は初めて藤森流洗顔方法で顔を洗うことに。すると40年間の垢が落ちた大悟の顔は真っ白に。指導した藤森は「洗顔でここまで変わった人も初めて見ました」と驚きの声をあげた。

 

さらに化粧水・フェイスマスクでお肌が生まれ変わったようにツヤツヤになった大悟は「Tバック履いてローライズのジーパン履いちゃおうかなぁ~」とすっかり“女子”の気分で一同を笑わせた。

 

次に藤森は、冨永愛や藤田ニコルらも愛用する美容家電“デンキバリブラシ”を紹介し、再び大悟の顔で実験。すると施術した右半分だけがリフトアップしてしまい、これを見たノブらは「右目が!右目が!ちょっと上がってる!」と大喜び。

 

当の大悟も「あっ右の目の方が上にあるな」と視覚の変化に気付き「おいおい慎吾。もっ元に戻してくれ!」と藤森に助けを求める展開となり、この大悟の激変ぶりに皆は「もうピカソの絵」と大爆笑していた。

※トップ画像は『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』公式サイトのスクリーンショット

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ