“丁稚制度”に入社するも手作りへの不安で退社、残された同期たちは…


フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)では、“丁稚制度”を続ける家具製作会社に飛び込んだ若者たちに密着した『ボクらの丁稚物語 ~泣き虫同期 4年の記録~ 後編』を、21日に放送する。

神奈川・横浜市にある家具製作会社「秋山木工」は、令和となった今でも、いわゆる「丁稚制度」を続けている会社。入社すれば、ケータイも恋愛も、酒もタバコも禁止。さらに男女の区別なく、みんな丸刈り…一流の家具職人を目指し、住み込みでの修業生活を送っている。

番組では2017年春、自ら「丁稚」の世界に飛び込む4人の若者と出会った。京都大学に在学中に引きこもりになった内藤さん(23)は、自分を変えるために大学を中退し、秋山木工の門を叩く。久保田さん(18)は、技と心を磨き一流の職人となるためにやって来た。初めて作る家具は、女手一つで自分を育ててくれた母親にプレゼントしたいと語る。

茨城県から来た佐藤さん(17)は、糖尿病を抱えながら職人を目指す。加藤さん(22)は、京都で8代続く造園会社の後継ぎ。職人たちを率いるリーダーとなるべく、人間性を磨きにここへ来た。

入社して1年半、また1人、秋山木工を去っていく丁稚が。それは、年下ながらリーダー格だった久保田さんだった。手作り家具の将来に不安を感じたのだ。

残された3人は“手作りの技”の誇りをかけて、新たな挑戦を始める。若手職人の日本一を決める技能五輪全国大会への挑戦だ。ただし、23歳以下という年齢制限のため、出場できるのは佐藤さんだけ。持病を抱える佐藤さんは、3人の代表として大会に挑む…。

一流の家具職人を目指し、丁稚の道を選んだ若者たちの4年間を、女優・川栄李奈のナレーションで追っていく。

(C)フジテレビ

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ