カフェの大テーブルって… マッチングアプリの初デートでうんざりしたこと

fumumu

呆れる女性(nicoletaionescu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
マッチングアプリで知り合い、メッセージのやり取りでは好印象だったけど、会ってがっかり…という経験がある人もいるでしょう。初デートが最悪だと、もう2回目はないですよね。

そこでfumumu取材班は、マッチングアプリの初デートでうんざりしたことを聞いてみました。

■食事中、2回も電話で離席


「数年前だけど、初デートでしゃぶしゃぶに連れて行ってもらったが、食事中に2回も電話で離席された。しかも1回の離席時間が長い…。ひとりで食べている時間が長くて、途中でため息出た。

急用だとしても2時間程度の食事で長々と2回も離席されちゃねぇ…。仮に付き合ってたら、デート中に何度も電話で消えそうだわ」(30代・女性)

関連記事:コレさえやれば彼氏はできる!? マッチングアプリで恋を成就させる秘訣

■カフェの大テーブル


「初デートが女子ばかりのおしゃれカフェ。しかもなぜか2人用テーブルではなく、大テーブル…。他のお客さんもいたから超話しづらかった…。

話の内容も『家業を継いでいるので、生活費は問題ないと思います!』云々、あからさま”婚活目的で出会った2人の初デート”感がすごくて、目の前にいた女子2人組みに確実に聞かれていたと思う。

ホント恥ずかしすぎた。なんで初デートで他の人にも普通に会話が聞かれるような場所にするかな…」(30代・女性)

■映画の予定がパチンコに…


「一緒にランチをした後に映画を見る予定だったが、映画館へ行く途中にパチンコ屋があり、彼が急に立ち止まって『ちょっと寄ってもいい? 30分だけ』とパチンコ屋に寄り道…。結局2時間たってもパチンコを止めることはなく、彼がパチンコに夢中になっている間に帰った。

で、1時間後くらいにようやく私が帰ったことに気づいたのか、彼から『なんで黙って帰っちゃったの?』とLINEが…。なんで帰ったのかわかっていないことに驚いた…。周りが見えていないというか、相手の立場で考えられないんだな…と彼の幼さに唖然」(20代・女性)

初デートがため息ものだと、もう2回目はないし、LINEすらブロックしたくなりますよね。マッチングアプリって、メッセージではイイ感じでも実際会ったら残念…ということも多々あるので、諦めず恋活・婚活を!

・合わせて読みたい→これだから知らない人との恋愛は面倒なのよ… マッチングアプリの恋が難しいワケ

(文/fumumu編集部・美佳)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ