「トランシーノ」からひんやりとろける美白ジェル状化粧水が登場


第一三共ヘルスケアは3月1日、薬用美白ジェル状化粧水「トランシーノ薬用ホワイトニングジュレローション」(医薬部外品/100g/3,400円)を春夏の季節限定で発売する。

トランシーノは2007年に誕生。内服薬と薬用化粧品でしみの悩みを体の内側と外側から総合的にケアできるブランドとして展開されている。

そのうちトランシーノ薬用スキンケアシリーズは、「洗うケア」「根本美白ケア」「UVケア」の3つのケアを行う合計12アイテムをラインナップ。根本美白ケアでは、美白有効成分「トラネキサム酸」が日焼けによるしみの根源にアプローチする薬用化粧品を取りそろえる。

今回発売される薬用ホワイトニングジュレローションは、トラネキサム酸がしみ情報(しみの発生過程で生じるシグナル)をブロック。しみの根源であるメラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ。

ジェル状化粧水が肌でとろけてローション状に変化し、透明感あふれるみずみずしい肌に整えるという。ひんやりとした心地良い感触で、毛穴が気になる肌を引き締める。

※ノープリントプライスで、価格は編集部調べ(税別)

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ