清水エスパルスのユニフォームにカンボジア応援メッセージ スポンサー企業のタイカがサッカー通じ支援

OVO


 素材メーカーのタイカ(東京都港区)は、エスパルス(静岡市)が運営するサッカーJリーグの清水エスパルスとのスポンサー契約について、新たなユニフォームスポンサー契約を結ぶと発表。2月22日(月)に東京都内で締結式を行う。

タイカは1948年に静岡県清水市(現・静岡市清水区)で創業したことから、清水エスパルスのスポンサー企業としてチームを応援している。また、2012年にはカンボジアに生産拠点を設立し、雇用創出や地域貢献に加え、サッカー熱が高い同国にフットサルコートを寄贈するといったスポーツ面での支援を行っている。

今回のスポンサー契約の追加は、カンボジアがコロナ禍で観光などに大きな打撃を受けていることに対する応援メッセージをユニフォームに入れるという内容。清水エスパルストップチームのユニフォームパンツ左膝の上部分に「Cambodia Kingdom of Wonder」(不思議の国カンボジア)のロゴをデザインする。

タイカは、現在もオフィシャルパートナーとして、ユニフォーム左胸の上部に社名のロゴを提供しており、今回の追加ロゴを入れることで最上位のオフィシャルトップパートナーになるという。

締結式は、帝国ホテル(東京都千代田区)を会場に、山室晋也エスパルス社長と鈴木大登タイカ社長が出席。ウン・ラチャナ駐日カンボジア大使を来賓で招く。

当記事はOVOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ