プロ野球、年俸6億円台は過去に何人いた? 現年俸3500万円の選手も

日刊SPA!

 メジャーリーグから古巣・東北楽天ゴールデンイーグルスに電撃復帰した田中将大。その年俸は9億円プラス出来高(金額は以下推定)となり、日本人選手としてはプロ野球史上歴代最高額となった。これに続くのが、1億5000万円アップの8億円で残留した読売ジャイアンツの菅野智之である。

そしてこの田中と菅野に続く日本人選手の高額年俸は6億円台なのだ。その顔触れを到達順にご紹介しよう。

◆松井秀喜(読売ジャイアンツ)2002年

’96年オフの契約更改の際、年俸1億6000万円で一発サインした松井秀喜。高卒選手ではイチロー(元・オリックスなど)と並ぶ史上最短(当時)の入団4年目で1億円プレーヤーの仲間入りを果たしたのだが、そこから当時、日本プロ野球史上初の6億円プレイヤーになるまでわずか5年しかかからなかった。

’01年の年俸はすでに当時球界最高の5億円だったが、その’01年シーズンで打率3割3分3厘、36本塁打、104打点をマークしたことで、オフの契約更改では当時のプロ野球史上最高額を更新する年俸6億1000万でサインすることとなったのである。

結果的にこの翌年のシーズンオフに松井はFA権を行使してニューヨーク・ヤンキースに移籍したため、この6億1000万円がNPB時代の最高年俸となった。なお、MLB時代の最高年俸はヤンキースに在籍した’06~’09年にかけての約13億円である。

◆佐々木主浩(横浜ベイスターズ)2004~05年

田中将大が9億、菅野智之が8億で契約を結ぶまでの日本球界投手最高年俸の記録保持者だったのが佐々木主浩だ。といっても’99年オフにメジャーへ移籍したときの年俸は、プロ野球史上初となる5億円であったが、6億には届いていなかった。日本球界で佐々木の年俸が6億を突破したのはMLBから戻ってきてからである。

’04年2月に古巣・横浜ベイスターズ(現・横浜DeNA)と2年総額13億円で契約に合意(もっとも、メジャー最終年の年俸は8億円越えと、日本時代を上回っていた)したのだが、これは単年にすると6億5000万円となり、当時の日本プロ野球の日本人選手歴代トップの年俸となったのであった。

だが、その2年間で登板わずか34試合、23セーブに留まるなど、往年の“大魔神”の姿はなく、’05年シーズン限りで現役を引退している。

◆阿部慎之助(読売ジャイアンツ)2014年

松井秀喜に次いで読売史上2人目となる年俸6億円の日本人選手となったのが阿部慎之助だ。’13年シーズンで32本塁打を放ち、3年ぶりに30本塁打を記録するなど、各打撃部門で高い数字を残したこともあって、この年の年俸5億7000万円(これもNPBでは当時、日本人史上3位の超高額年俸であった)からオフの契約更改で翌年の年俸が6億円に到達したのである。

ところが年俸6億円をキープできたのはこの1年のみ。翌’14年はケガや不振に泣かされ、打率2割4分8厘、19本塁打、57打点と成績が低迷し、オフの契約更改で年俸は5億1000万円へとダウン。以後も3億2600万円、2億6000万円、2億1000万円と下がり続けた。結局、’19年を最後に引退することになるのだが、最後の年の年俸は1億6000万円であった。

◆金子千尋(オリックス・バファローズ)2015~18年

年俸6億円越えした選手の中で意外と忘れ去られがちなのが北海道日本ハムの金子弌大だろう。登録名・金子千尋でオリックス・バファローズに在籍していた’14年シーズンで最多勝(16勝)と最優秀防御率(1.98)の投手2冠を獲得し、沢村賞まで受賞する。さらにチームはリーグ優勝を逃したものの、最優秀選手に選ばれたこともあって、この年のオフにこのときの年俸2億から年俸6億円での4年契約を結ぶことに。

だが、4年契約の最終年となった’18年シーズンは開幕から自己ワーストの4連敗を喫するなど、わずか4勝に終わった。シーズン終了後の契約交渉ではNPB野球協約の減額制限(年俸1億円超の選手に対しては40%を上限に設定)を大幅に超える減俸を提示されたこともあって、自由契約選手の身となることを選択したのだった。その後、現在の日ハムと契約したが、移籍2年目となった昨季は実力を発揮できず、1勝3敗1ホールド、防御率5.11の成績に終わった。

すると’20年の年俸だった1億8000万円から1億4500万円減の年俸3500万円プラス出来高でサインするハメに。年俸6億円から見事なまでに転がり堕ちた感があるが、今シーズン、どん底からの逆襲に期待したい。

◆黒田博樹(広島東洋カープ)2016年

昨年12月に3000万円アップの年俸3億1000万円で契約を更改した広島東洋の鈴木誠也。これは広島の野手では歴代最高額となるのだが、チームの歴代最高額は“男気”の投手・黒田博樹である。

黒田は’08年から7年間メジャーでプレーしたが、’14年のシーズン終了後にFAとなった。そこでメジャーの数球団が黒田との交渉に際し、20億円近い額を提示していたのだが、黒田の出した結論は’15年シーズンからの“広島復帰”。しかもその年俸は4億円プラス出来高に過ぎず、海外からの高額オファーを断っての一大決心であった。

そして日本復帰後、注目の最初のシーズンとなる’15年。黒田は11勝8敗、防御率2.55という好成績を挙げ、オフに6億円プラス出来高で契約を更改。広島史上初の6億円プレイヤーとなったのである。

翌’16年も10勝8敗、防御率3.09をマークし、チームの25年ぶり7度目のリーグ優勝に貢献したが、この年限りでの現役引退を表明。男気に溢れる男はその引き際も鮮やかで潔かったのである。

◆柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)2021年

福岡ソフトバンクの柳田悠岐は’18年オフの契約更改で、これまで球団史上最高額だった松中信彦と城島健司の5億円を更新する年俸5億7000万円でサインした。

そして’19年オフに変動制での年俸5億7000万円で7年契約を結んで迎えた’00年シーズンで打率3割4分2厘(リーグ2位)、29本塁打(リーグ3位)、86打点(リーグ3位)をマークし、自身2度目となるパ・リーグMVPに輝いたのである。

この驚異的な成績により、’00年オフの契約更改で今季の柳田の年俸は4000万円アップの6億1000万円に。これは’02年の松井秀喜に並ぶ日本人野手史上最高年俸タイ記録なのだが、果たしてここからの松井超えなるか? 今シーズンの柳田の活躍から目が離せない。

以上の6人である。ちなみに現役で田中、菅野、柳田の3人に続くのは年俸5億円で並んだ浅村栄斗(東北楽天)、坂本勇人(読売)、そして山田哲人(東京ヤクルト)の3人だということを最後につけ加えておきたい。<文/上杉純也>

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ