セブンの新作サンドイッチ 割ってみたら「とんでもないボリューム」だった

しらべぇ




セブン-イレブン(以下、セブン)は2月17日から、北海道、東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、島根県、広島県、山口県で『たっぷりトマトと野菜のサンド』(税込345円)を販売開始。

昨年、具材たっぷりに見える断面図とは裏腹に後方部分に具がない…という「ハリボテ騒動」が話題になったセブンだが、はたして今週は…。

画像をもっと見る

■スパイシーでパンチの効いた味に




トマト、ゆで卵、レタス、ポークハムがぎっしり。昨年11月にも同様のサンドイッチが発売されたが、前回は「トマト、ケチャップ、にんじん、かぼちゃピューレが入ったサウザンソース」だったが、今回は玉ねぎ入りのコブソースに変わっている。

野菜メインであっさりとした印象のあるサンドイッチだが、カレーのようなスパイシーなコブソースのおかげでかなりパンチの効いた味に。分厚いトマトと何層にも重なったレタスの主張が強いサンドイッチなので、野菜好きの人におすすめだ。

若干、人を選ぶ味なので好みは分かれそうだが、食べごたえは前回同様に抜群の『たっぷりトマトと野菜のサンド』だが、はたして中身はどうなっているのか。半分に割ってみると…

関連記事:「ハリボテ」で物議醸したセブンのサラダサンド 新作で思わぬ変化が…

■トマトがとんでもない量だった




これは…めちゃめちゃ詰まってるじゃないか! パンにほとんどスペースがないほどに具材が占めているぞ。



何より驚いたのがトマトのボリューム。パン後方部分のわずかなスキマにも小さくカットされたトマトが入っており、正直、「ここまでやらなくても…」とびっくり。『たっぷりトマトと野菜のサンド』の名前にふさわしいといえる。

■ハムとゆで卵の量は…




ハムのボリュームも十分。若干のスペースはあるが、この程度ならまったく問題ない。



ハムの下にはゆで卵が3つ。ボリューム感はあまり感じられないが、オマケ程度と考えておけば気にならないはず。そして、ここにもトマトが隠れていた。

全体的にとんでもないボリューム感だが、セブンのサンドイッチには「片方だけがハリボテ」という悲しい検証結果も出ている。はたして、もう片方のサンドイッチはどうなっているか…

■先ほどと比べると若干スカスカ




う、うーん…。全体的なボリュームは「普通かちょっと少ないくらい」の印象だが、先ほどの圧倒的なトマトのボリュームを見ただけに、若干の寂しさはある。



そして、ハムも左側だけスペースが目立つ結果に。ハリボテとまではいかないが、先ほどのモノと比べるとやはりクオリティに差を感じられた。

■野菜好きな人におすすめ


片方は若干スペースがあったが、全体的な量は申し分がない『たっぷりトマトと野菜のサンド』。野菜好きな人は一度食べてみてほしい。

しらべぇ編集部では、今後もサンドイッチのハリボテ度を検証していく。

・合わせて読みたい→セブン、サンドイッチの「ハリボテ」を検証したら… 巧妙な盛りテクニックを発見

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ