キャンセルで出荷先を失った『食用バラ』 農家が考えた活用法に「コレいいね!」「ほしい」の声

grape

2021年2月現在も、世界中で流行している、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)。

コロナ禍によって、お祝いごとなどのイベントのキャンセルが相次ぎ、花き業界では花が廃棄されてしまう『フラワーロス』が問題になっているそうです。

※写真はイメージ

そんな中、食用バラを生産する会社が開発・製造したものに、注目が集まっています。

バラ農家が考えた、フラワーロスを救う新商品とは?

埼玉県深谷市で農薬不使用の食用バラを栽培し、そのバラを原料とした加工食品と化粧品を開発・販売している農家、ROSE LABO株式会社(以下ROSE LABO)。

2020年、ROSE LABOでは飲食店が営業を自粛している影響で、母の日のイベントがすべてキャンセルとなってしまい、たくさんの新鮮な食用バラが出荷先を失ってしまったといいます。

そこで、冷凍庫に入りきらない食用バラを『ローズウォーター』や『ローズエキス』に加工。さらに、それを原料にした『ローズバリアスプレー』を製造し、同年7月に販売しました。

この『ローズバリアスプレー』は、天然由来成分だけで作られた、マスクの消毒スプレーで手指の消毒もできます。敏感肌の人も手に取りやすく、さわやかなバラの香りでリフレッシュできると好評です。

発売以来、大きな話題となり累計販売数が2万本を突破する人気商品となった『ローズバリアスプレー』。2021年2月より、本体容器の再利用をうながすために『ローズバリアスプレー 詰め替え用』も発売されました。

『ローズバリアスプレー』の使い方は?

こちらのスプレーをマスクに使う時は、表側から約10cmほど離して、1~2プッシュ。その後、マスクを乾かすように20回ほど振ってから着用します。

手指に使う時は、ポンプをゆっくりと押し、適量を取ったら約15秒間、両手にまんべんなく塗り広げてください。アルコールを使っていないので、肌が弱い人も安心ですね。

また、布製の衣類や寝具などにも使用できるとのことです!

『ローズバリアスプレー』は、ROSE LABOのオンラインストアでも発売されています。

気になる人はぜひチェックしてみてください!

ROSE LABO 公式オンラインストア


grapeでは、コロナ禍における企業や人々の奮闘を紹介する記事を、特集という形でまとめています。よろしければご覧ください。

grape『日本がんばれ応援団』特集


[文・構成/grape編集部]

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ