高岡早紀、『リカ』第2弾で“自称28歳”狂気の母親に 「演じていてとても面白かった」

クランクイン!

 女優の高岡早紀が主演するオトナの土ドラ『リカ~リバース~』が、東海テレビ・フジテレビ系にて3月20日より毎週土曜23時40分に放送されることが決まった。2019年放送の前作『リカ』で純愛モンスター・リカを演じた高岡が、今度はその母親役を務める。

本作は、五十嵐貴久の人気サイコスリラー小説『リカ』シリーズより、リカの少女時代を描いた『リバース』を初の連続ドラマ化。家族の愛に飢え、孤独の深淵で純愛を渇望する“リカ”はいかにして生まれたのかを全3話で描く。高岡は自称28歳の美しく狂気に満ちた母親・雨宮麗美役を熱演する。

麗美は双子の娘を持つ専業主婦。モデルのように美しく、優しい完璧な妻であり母として、近所からも羨望のまなざしを向けられている。麗美自身、自分たちは完璧な愛にあふれた家族であるべきだと強く思っているが、雨宮家は麗美の理想とは異なる形に歪み始める。やがて母親の哀しみは2人の娘たちへと伝染していき、3人の女たちの周囲で、数々の事件が起きていく。

主演の高岡は「今回、続編のオファーをいただき、前回の『リカ』の続きではなく、リカの母親・雨宮麗美を演じるということで、とても面白そうだと思いました。台本もリカの人格が作り上げられる段階を上手く表現されていると感じました」とした上、役どころについては「雨宮麗美はとても切なくて哀しい人だと思います。また、麗美の人物像が明確に描かれているので、演じていてとても面白かったです」と話す。

続けて、「現場では、前回同様に主人公の言動などに、“きょとん”とする相手役の方たちの表情を楽しませてもらいました。リカの母親を私が演じることで、あのようなリカが誕生したことを納得してもらえればうれしいです。素晴らしいキャストの皆さんと、とても面白い作品ができたと思います。怖いもの見たさ気分で、楽しんでください」とコメントを寄せた。

このほか、雨宮家の双子の娘の家庭教師を務める大学生・宗像忍役を浅香航大、雨宮家に雇われることになった新米家政婦の花村幸子役を福田麻由子、双子の妹・雨宮結花役を山口まゆ、双子の姉・雨宮梨花役を田辺桃子、麗美の夫でクリニックを経営する外科医の雨宮武士役を純烈の小田井涼平が務める。

オトナの土ドラ『リカ~リバース~』は、東海テレビ・フジテレビ系にて3月20日より毎週土曜23時40分放送。全3話。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ