『呪術廻戦』好きにおすすめしたいアニメ4選! BANANA FISH、境界の彼方……共通する作品の魅力とは

「おたスケ」。それはオタクのスケジュールであり、あなたのお助けとなるスケジュール。
本コラムではオタクライフを満喫したい方に向けた時間の過ごし方や情報を、アニメ大好きライターのハシビロコがお届けします。

 

『呪術廻戦』好きにおすすめの作品は?

こんにちは、ハシビロコです。

先日池袋に出かけたとき、東急ハンズ前で『呪術廻戦』の等身大パネルを見かけました。五条先生とパンダが思っていた以上に大きくて写真を撮らずにはいられない。あとカンフーはずるいと思うんだかっこよさが加速する

『呪術廻戦』は、主人公の虎杖悠仁(いたどりゆうじ)をはじめとする呪術高等専門学校の生徒や教員などが、呪いの力で呪いを祓っていく物語。
重厚なストーリーや迫力のあるバトルシーンなどは圧巻で、毎週目が離せない作品のひとつです。

もしかすると、『呪術廻戦』で久しぶりに毎週アニメをチェックし始めた方もいるかもしれません。

そこで今回は、『呪術廻戦』好きにおすすめしたい作品をピックアップ! 私の頭の中の辞書「wikiビロコ」を紐解き、次に見てほしいアニメをご紹介します。

 

『呪術廻戦』のここがおもしろい!

おすすめ作品を挙げる前に、前提となる『呪術廻戦』の魅力を確認しておきましょう。あくまで私個人の感想ですが、「ここがおもしろい!」と思ったポイントは以下の4点です。

 

魅力1:現実を容赦なく突き付けてくる

主人公の虎杖は祖父の教えを受け「人を正しい死に導きたい」と考えている高校生。そもそも死は覆せないと受け入れています。しかし強くなければ、死に方も自分では選ぶことはできません。そんな容赦のない現実を突き付けてくる展開にしびれます。

 

魅力2:ひとつの肉体をめぐって2人が争うハラハラ感

虎杖の中には“呪いの王”としておそれられる両面宿儺(りょうめんすくな)がいます。肉体の主導権をめぐってときにはぶつかり、ときには利用しあう構図にハラハラせずにはいられない。
両面宿儺の指を集め、体内に取り込むたびに「虎杖はどうなってしまうんだ」と息をのんで見守っています。

 

魅力3:過酷なバトルとわちゃわちゃした学園生活のギャップ

呪いとの戦いは熾烈を極めますが、それでも虎杖たちは高校生。ときには街中でショッピングをしたり、先輩と鍋を囲んだりと、学園生活も満喫しています。そんなギャップも魅力的で、平和なシーンがとにかく尊い。

 

魅力4:自分の芯を持っているキャラクター

『呪術廻戦』のメインキャラは芯が強く、自分の考えを貫く人が多いです。男女問わずそんな意志の強さがかっこいい。キャラクターとしての魅力はもちろん、ひとりの人間としても憧れます。クオリティーの高い作画は言わずもがな。

では、これらの魅力を踏まえておすすめしたいアニメを紹介します。

 


『呪術廻戦』Prime Video(出典:Amazon)

 

『BANANA FISH』

 

アニメーション制作をMAPPA、脚本を瀬古浩司さんが担当するなど、『呪術廻戦』スタッフとの共通点がある作品。五条先生で話題になった宝石のような目の作画は、本作の頃から健在です。

主人公のひとり、アッシュはストリートギャングを束ねる逸材。しかし重い過去を抱えており、とある事件をきっかけに逃亡生活を送ることになります。

救いがあったと思えばまたどん底まで突き落とされるような容赦ない展開は、「もうやめてあげて!」と思うほど。厳しい現実の中で、自分らしく生き抜く少年たちが健気です。

ちなみにアッシュ役は、『呪術廻戦』で伏黒恵を演じている内田雄馬さん。声だけでも聴いてくれ。

 


『BANANA FISH』Prime Video(出典:Amazon)

 

『どろろ』

こちらも同じくMAPPA作品。身体のあちこちを鬼神に奪われてしまった百鬼丸が、どろろとともに旅をして失った肉体を集めていきます

身体を取り戻すたびに変化していく感覚や心情が、丁寧に描かれている本作。しかし、それはいつも正しい方向に進むとは限りません

人として生きるか、それとも鬼神として生きるか選択を迫られる百鬼丸を見ていると、虎杖と両面宿儺の駆け引きを思い出します。

あとポニテの作画が禪院真希さん並みにいいのでぜひ。

 


『どろろ』Prime Video(出典:Amazon)

 

『境界の彼方』

京都アニメーションによる、妖怪バトル学園もの作品。不死身で半妖の少年・神原秋人と、呪われた血を持つ一族に生まれた少女・栗山未来の交流や戦いが描かれます。女性キャラが軒並み強くて好き

妖夢との激闘と、学園ものらしいわちゃわちゃ感のギャップも見事。いきなりアイドルグループを結成したかと思えば、次の回では超絶シリアスな展開になるなど振り幅が大きいです。

人間とは異なる力に翻弄されながらも自分たちで未来を選び、つかみとっていく展開が好きな方におすすめ。『劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE- 未来篇』もぜひセットで観てください。

 


『境界の彼方』dアニメストア for Prime Video(出典:Amazon)

 

『ヒカルの碁』

 

完全に「じゅじゅさんぽ」ネタです、すみません。

『呪術廻戦』第6話「雨後」の本編終了後に放送された「じゅじゅさんぽ」の元ネタは、『ヒカルの碁』のおまけコーナー「梅沢由香里のGOGO囲碁」。カット割りやテロップが本家にそっくりなので、この機会に見比べると楽しいです。

『ヒカルの碁』は平凡な少年・進藤ヒカルが、平安時代の棋士・藤原佐為の霊と出会ったことで、囲碁を極めていく物語。自分の中にもうひとりの人物を宿し、腕を磨いていく姿は『呪術廻戦』にも通じるところがあります。TVシリーズの放送が20年前とか信じない。

 


『ヒカルの碁』コンプリート DVD-BOX(出典:Amazon)

 

ほかには『NARUTO』『鬼滅の刃』『進撃の巨人』あたりもおすすめですが、見たことのある人が多いと思うので省略。現在放送中のアニメでは、『怪物事変』もなかなかの沼でした。

みなさんも『呪術廻戦』を機に、好みの作品を探してみてはいかがでしょうか。

 

WRITER

  • ハシ ビロコ
  •        

  • アニメとドイツ語とハシビロコウを愛するフリーライター。アニメ好きの両親のもとに生まれたオタク2世で、幼少期はCCさくらとガンダムSEEDを見て育った。趣味でハシビロコウブログを運営中。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ