NEWS 加藤シゲアキ主演『モダンボーイズ』 昭和レトロなビジュアル&山崎樹範、武田玲奈ら全キャスト解禁

SPICE



2021年4月3日(土)~16日(金)東京・新国立劇場 中劇場、4月28日(水)~30日(金)大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて上演される、NEWS 加藤シゲアキ主演の『モダンボーイズ』。本公演のビジュアル、また全キャストが解禁となった。

本作は、1994年に都政施行50周年記念公演として上演された、幻の名作ともいわれる青春群像劇。舞台は日中戦争直前、浅草のレビュー小屋。プロレタリア革命を志す学生で、ひょんなことから浅草エフリィという芸名でレビューの人気者となった加藤演じる矢萩奏が、小屋の座付き作家と出会ったことにより、生きる居場所を見つけ、自分にしかできない革命を見出していく物語だ。

この度、本公演を彩る全キャストがビジュアルと共に公開された。
『モダンボーイズ』
『モダンボーイズ』

矢萩の未来を導くレビュー小屋の座付き作家・菊谷栄に山崎樹範、スター女優を目指し一座にやってくる若月夢子に武田玲奈、さらに、坂口涼太郎溝口琢矢松田賢二きづき加藤虎ノ介神保悟志大鷹明良ら、若手からベテランまで個性豊かなキャストが顔を揃えた。

また、新たに公開されたビジュアルは、古き良き時代のレビューのポスターを思い起こさせるレトロなデザインで、どこか懐かしくも温かさを感じられるものになっている。

「何のために、なぜ生きるのか?」「自分に何ができるのか?」大戦前夜の不穏な時代に、革命を信じ社会運動に身を投じていた若者と、舞台で輝かしいエンターテインメントをつくろうと闘い続けた役者や劇作家たち。舞台こそが生きる場所だと信じ、闘い、仲間をみつけた若者をめぐる本公演に期待が高まるばかりだ。
【あらすじ】
日中戦争前夜、浅草のレビュー小屋。座付き作家の菊谷栄に、同郷(青森)の友人・工藤がプロレタリア革命を志す同じく青森出身の学生・矢萩奏を紹介する。
ある日、矢萩が警察に追われて劇場に逃げ込んでくる。菊谷と劇場の仲間たちは、矢萩に道化の扮装をさせて、警察から匿う。尋問を受け、菊谷はコーラスボーイだとごまかすが疑う特高刑事。仕方なく歌を披露する矢萩。故郷で合唱部だった矢萩の「My Blue Heaven」の歌声はすばらしかった。
矢萩は劇場に身を隠すことになる。そこで思想活動のために封印していた音楽の才能が開花し、やがて矢萩は浅草エフリィの芸名でレビューの人気者となっていく。しかし不景気と戦争が切迫する時代。不要不急と言われる浮かれたレビューの世界に生きることに悩み揺れながら、そんな時代に劇場の扉を開き、歌い、踊り続けることの意味を、矢萩は菊谷や仲間たちとともに噛みしめてゆく。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ