マライア・キャリー、7分に及ぶ「We Belong Together (Mimi's Late Night Valentine's Mix)」を公開

Billboard JAPAN



先週、米トーク番組『Live With Kelly and Ryan』で、2005年の全米No.1ヒット・ナンバー「We Belong Together」のパフォーマンスをバンドとともに披露したマライア・キャリーが、同曲の“Mimi's Late Night Valentine's Mix”の音源を公開した。

現地時間2021年2月17日、マライアは自身のSNSで曲を解禁すると、「まだ(発表するものが)色々あるわ。とてもインスパイアされている!」と絵文字を添えて、Lambs(マライア・ファンの総称)に報告している。

約7分に及ぶ、このエクステンデッド・バージョンの後半では、ジャジーなギターの演奏に合わせて、マライアの特徴的なホイッスル・ボイスや色彩豊かなヴォーカルが堪能できる。プロデュースとアレンジは、マライア本人が行っており、バック・ボーカルも担当している。

曲を解禁したのちに、マライアはファンへの感謝のメッセージも投稿しており、「素晴らしいフィードバックに感謝しています。皆さんには常にワクワクさせられます!!! このエクステンデッドWBT(We Belong Together)を通じて、新たな音楽の瞬間を一緒に体験できて本当に嬉しいです。皆さんがいてくれることに、どれだけ私が感謝しているか見当もつかないでしょう。私は、あなたたちにインスパイアされているのです。愛しています」と綴っている。

米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で初登場1位を獲得したマライアの10thアルバム『MIMI』に収録されている「We Belong Together」は、翌年2006年の【グラミー賞】にて主要部門を含む4部門にノミネートされ、<最優秀R&B楽曲>と<最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス>を受賞した。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ