麒麟川島が日蓮聖人の教えを現代風アレンジ! 法華経画に「こんなゲームやりたい」


日蓮宗の宗祖、日蓮聖人の降誕800年を記念する『日蓮聖人降誕800年 日蓮宗記念事業』の記者発表会が、2月12日(金)に都内で開催され、お笑いコンビ・麒麟の川島明、タレントの壇蜜らが登壇しました。国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」に通じる法華経の教えを現代にわかりやすく伝えようというこの企画。川島が日蓮聖人の言葉を現代風にアレンジするなど、仏教を身近に感じるイベントとなりました。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

日蓮宗では、2月16日(火)に宗祖である日蓮聖人の降誕800年を迎えます。記念事業は、多くの人々に法華経の教えをよりわかりやすく伝え、次なる800年後までその教えをつないでいくことを目的に企画されました。

人気ゲーム「ファイナルファンタジー(FF)」をはじめ、数々のキャラクターデザインを手掛けてきた天野喜孝氏が法華経画の制作に挑戦したほか、人気漫画家・イラストレーターたちが「SDGs」の 17の目標に通じる法華経の教えをテーマにした17種類の仏教アートワークを作成。さらには、SDGsの目標と日蓮聖人の教えを現代風にわかりやすく伝えるキャッチコピーを募集する「世界を変えるキャッチコピー大賞」などの取り組みを展開していきます。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

FF世代どハマりの法華経画


雅楽の生演奏や読経が流れるおごそかな雰囲気のなか始まった本イベント。さっそく披露された天野氏の法華経画の迫力に、川島は「FFどハマり世代なんで、天野さんの絵をこんなに間近で見られることがすごく嬉しい」と興奮を隠しきれない様子です。「こんなゲームがあったらやりたいです」と言う川島に、同じくFF世代だという壇蜜も「気持ちわかります!」と賛同します。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

川島は、この法華経画に付く音声ガイドのナレーションも担当。「最初にお話をいただいたときは、おこがましいというか、『僕で大丈夫なんかな?』と思いました」と言いながら、実際の作業では「夕方から録音だったんですけど、その日は朝からのど飴しか食べないで声を仕上げまくりました」と気合十分です。

続いて、人気漫画家・イラストレーターたちによるアートワークも一挙に披露。日蓮聖人が残した「ご遺文」と呼ばれる教えを、現在のSDGsの17の目標にあてはめ、それぞれにイメージされる神や仏の姿をイラスト化しました。趣向を凝らした華やかな作品群を前に、壇蜜が「うちの夫の絵がないんですが……(笑)」と、漫画家である夫・清野とおる氏の作品がないことを嘆き、笑いを誘う一幕も。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

川島のキャッチコピーに僧侶も感心


日蓮聖人の教えをわかりやすく伝える「世界を変えるキャッチコピー大賞」の一般募集もツイッターで始まっています。

川島が考えたキャッチコピーは、「自分のためから誰かのために ティッシュを取るときできてますよ」。SDGsの目標のひとつ、「貧困をなくそう」(ご遺文では「一切の道俗 一時の世事を止めて 永劫の善苗を種えよ」)をテーマにしたもので、「“誰かのために”って難しく考えがちやけど、ティッシュを取ったら次の人のために、もうティッシュが(箱から)出てる。そのぐらい簡単にできることもあるんですよ、ということが言いたかった」と説明。登壇していた日蓮宗の伝道部長・関本城氏や、 怪談和尚としても有名な三木大雲氏を感心させていました。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

これらの法華経画やイラストなどのアートワーク、キャッチコピーは、長期間保存できる和紙に刷られ、巻物として800年先まで保存されるとのこと。自身の芸名も仏教用語からとったという壇蜜は、「800年前の教えが今のSDGsとつながって、またさらに800年後につなげたいね、という決起集会に出席したような気がします。もっとつながれるように、私も微力ながら活動していければ」と抱負を述べていました。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ