日向坂46佐々木久美、自粛期間中にハマっていること告白「新しいものを創り出す楽しみを…」


アイドルグループ・日向坂46の佐々木久美が、21日に放送される「『全国ボロいい宿』-山奥で発見!人気の宿に泊まってみた-」(15:30~16:54、TBS系12局ネット)に出演する。

この番組は、見た目はボロボロなのに、なぜか予約が殺到する人気の宿「ボロいい宿」を調査する宿泊バラエティ。昨年2月の放送に続き、全国から選りすぐった3つの「ボロいい宿」を紹介、その人気の秘密に迫る。

MCはバラエティ番組に引っ張りだこのお笑いコンビ・バナナマン。ゲストは、飾らない性格で男女を問わず人気を博すタレントのYOU、アイドルグループ・日向坂46のキャプテン・佐々木久美。この4人が1年ぶりにスタジオに集結し、「ボロいい宿」の魅力について掘り下げていく。さらに、タレントのゆきぽよとSKE48の元気印・須田亜香里がロケリポーターとして「ボロいい宿」を体験する。

バナナマンとの共演は昨年の放送以来という佐々木。「前回の収録がすごく楽しかったので、また同じメンバーで呼んでいただけると聞いたときはうれしくて、すごく楽しみにしていました」と話す。4人がこたつに入り、まるでどこかの宿でくつろいでいるかのようにまったりとしながら、ゆるいトークを展開するのも見どころだ。佐々木は「リラックスし過ぎちゃったかなというくらい、ゆったりとして、おうちでテレビを観ているような感じだった」と振り返る。

番組では、佐々木が披露した似顔絵にスタジオが騒然とする場面も!? 時間があればいつもバナナマンのラジオ番組を聞いているという日向坂46のキャプテン・佐々木と、“乃木坂46公式お兄ちゃん”・バナナマンとの絡みにも注目だ。

「コロナ禍で旅行に行けない今だからこそ、この番組を見て欲しい」と語る佐々木。旅行に行けるようになったら行きたい場所は「函館」と「パリ」と話し、「夜景を見てラッキーピエロ(函館市内にあるハンバーガー店)に行ってみたい!」と目を輝かせる。

さらに、収録後佐々木はこの自粛期間中にハマっていることを明かした。これまでは、家に居るときはテレビを観るか寝ることが多かったが、この自粛期間中に何かを作り出すことにハマり始めたという。楽器を弾いたり、ビーズアクセサリーを作ったり、「今までは目の前にあるものを大事にすることばかり考えていたけど、新しいものを創り出す楽しみを覚えました」と話す。そんな佐々木が最近始めたのが「編み物」。祖母の影響で覚え、幼少期は祖母と一緒に編み物をしていたという。「セーターとかはまだまだなんですけど、コースターとか日常的に使える小物を作って、メンバーに配りたいなと思っています。まだ配れてないですが・・・(笑)」と、自粛期間の楽しみ方を語った。

番組冒頭では、佐々木主演のオープニングドラマも放送。『ボロいい宿』の演出担当がかねてからの「おひさま」(日向坂46ファンの総称)であることもあり、番組の要所要所に日向坂46にちなんだ細かい演出を散りばめている。

佐々木は「『ボロい』と聞くと最初は『えっ!』と思ってしまうんですけど、宿の人たちの温かさとか、都会では味わえない感情とか、感動とか、大切なことがたくさんあるんですよね。そういうものを普段は忘れて過ごしているのって、もったいないと思います。コロナ禍で自粛を求められるこの時期だからこそ『ボロいい宿』を通して、そういう気持ちを味わっていただきたいです」とコメントを寄せた。

(C)TBS

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ