花守ゆみりと内田愛美からコメント到着『ダンジョンの中のひと』第1巻発売記念PVが公開 

SPICE


ダンジョンの裏側を描いた漫画『ダンジョンの中のひと』(双葉社・刊)の第1巻が、2月18日に発売されたことを記念して、花守ゆみりと内田愛美が演じるPVが同日YouTube チャンネルとwebアクション公式Twitterで公開された。ふたりからコメントも到着した。

■第1巻発売記念PV

『ダンジョンの中のひと』introduction
シーフギルドに所属する少女クレイ。父から厳しい教えを受け、鍛錬を積んだ彼女は前人未踏とされるダンジョンの地下8階を踏破。さらに深層へと向かうが、そこで待ち受けていたのは… 管理人を名乗る魔法使いで!? 双見酔が描く、秘められし迷宮の裏側の世界。 第1巻発売記念PVより (c)双見酔/双葉社
第1巻発売記念PVより (c)双見酔/双葉社

PVでは 「お宝の補充」「モンスター雇用の面接」といったダンジョン運営の仕事を紹介しておリ、異世界を支える裏方の大変さがわかる内容だ。
第1巻発売記念PVより (c)双見酔/双葉社
第1巻発売記念PVより (c)双見酔/双葉社
第1巻発売記念PVより (c)双見酔/双葉社
第1巻発売記念PVより (c)双見酔/双葉社

キャストコメント到着


花守ゆみり(ペル役)コメント

--キャラクターを演じてみていかがでしたか。

ダンジョンの「中の人」であるベルの、メタかわいさがとても魅力的でした。まるでこっちの世界の社会人の様な親近感、だけれど管理人としての圧倒的な強さのギャップも好きです。

--ファンの皆様ヘ一言いただけますでしうょか。

魔法の世界で、あえてダンジョンの運営をする側を覗いていく。攻略するのとはまた違う面白さが癖になる作品です!

内田愛美(クレイ役)コメント

--キャラクターを演じてみていかがでしたか。

クレイは今回のPVに登場するシーンだけだとクールな子に見えがちなのですが、原作を読ませていただいたら可愛らしい表情になるシーンが所々にあったリ、人やモンスターを気遣う優しい一面も垣間見えたので、冷淡な印象にしてしまわないよう心がけました。普段あまリ演じる機会がないタイプのキャラクターだったので、あれこれ考えながら楽しく取リ組ませていただきました。

--ファンの皆様ヘ一言いただけますでしうょか。

ダンジョンを冒険するお話ではなく、運営する側の視点で読める斬新な作品なので、一度でもどこかのダンジョンに冒険した事がある方には特にオススメの漫画です!なかなかお外に出られない状況の今こそ、ダンジョンの中という世界観を思い切リ堪能していただけたらと思います!

ダンジョンの管理者である魔法使いと、最強少女の出会い。果たして、少女も運営側に回るのか。先が楽しみな異色ファンタジーコミックを楽しんでほしい。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ