推しキャラが絶対見つかる♡“男性アイドル系”アニメおすすめ7選

Oh!My!アニメ

 

近年、女性のあいだで男性アイドルを育成するゲームが人気を博しています。

そういった男性アイドル育成ゲームを原作としたオリジナルアイドルプロジェクトが立ち上がったり、オリジナルアニメが多数制作されたりと、さまざまなメディアミックスが展開されています。

今回は、そんな男性アイドル系アニメから、特に人気の高い作品を7本ご紹介します!

 

 

あんさんぶるスターズ!

アニメ『あんさんぶるスターズ!』は、2015年4月から提供が開始された同名アプリゲームが原作となり、2019年7月から12月までTOKYO MXやBS11などで放送されました。

■あらすじ
男性アイドル育成に特化した私立夢ノ咲学院に在籍する氷鷹北斗、明星スバル、遊木真、衣更真緒の4人は、『Trickstar』というユニットを組み、トップアイドルを目指して日々レッスンに励んでいる。

学院で開催されるアイドルたちのライブイベント『ドリフェス』を見学した4人は、生徒会の権力に支配された実情を知る。そこで彼らは、生徒会が支配する学院の現状を改革するため、生徒会長・天祥院英智率いる『fine(フィーネ)』に挑んでいくのだった。

恋愛要素はほとんどなく、男性アイドルユニット同士の交流や活動をメインに、 “トップを目指す戦い”が描かれます。

Trickstarがアイドルとして成長していくストーリー、そして彼らが他ユニットの助力を得ながら学院の最強ユニットfineに挑戦する姿がみどころです。

■CV:細谷佳正(氷鷹北斗)、柿原徹也(明星スバル)、森久保祥太郎 (遊木真)、梶裕貴 (衣更真緒) ほか
■監督:菱田正和
■制作会社:david production
■原作:Happy Elements(アプリ制作会社)
■公式:ensemblestars-anime.com

 

 

アイドルマスターSIDE M

アニメ『アイドルマスターSIDE M』は、バンダイナムコエンターテインメントが制作しているアイドル育成ゲーム「アイドルマスター」シリーズから派生した同名のアプリゲームが原作です。

アニメの放送は、2017年10月から12月までTOKYO MXやBS11などで放送されていました。

■あらすじ
できたばかりの芸能プロダクション『315プロダクション』。スカウトされて集まってきた男性たちは多種多様。様々な職業に就いていた彼らが、それぞれ“訳あって”アイドルになり、トップアイドルになるという夢を胸に、目標へ向かって奮闘していく。

元教師や元弁護士に元医者、元パイロットなど多様な職歴のユニットがあって、「実際にこんなアイドルいたら面白い」と思うようなキャラ設定と、それぞれにアイドルになるまでのバックボーンがあるところが、このアニメの魅力です。

■CV:仲村宗悟(天道輝)、内田雄馬(桜庭薫)、八代拓(柏木翼)、立木文彦(齋藤孝司) ほか
■監督:原田孝宏、黒木美幸
■制作会社:A-1 Pictures
■原作:バンダイナムコエンターテインメント(アプリ制作会社)
■公式:imas-sidem.com

 

 

「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE」シリーズ

アニメ『うたの☆プリンスさまっ♪』の原作は、2010年から発売されている女性向け恋愛アドベンチャーゲーム。アニメだけでなく、ドラマCDや舞台などさまざまなメディアミックスが展開されている人気シリーズです。

アニメは、第1期から第4期までが2011年7月~2016年12月にかけてTOKYO MXなどで放送された後、2019年6月には劇場版『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』も公開されました。

■あらすじ
作曲家になることを夢見る七海春歌は、競争率200倍の芸能専門学校『早乙女学園』の作曲家コースに入学。そこで春歌は、アイドルコースに通う男子とペアを組み、卒業時に行われる『シャイニング事務所 新人発掘オーディション』の合格を目指すことになる。

ペア候補として春歌の前に現れる6人の男子たち、ハプニング続きの学園生活……春歌は1人の男子を選んで楽曲を作り、無事にオーディションに合格することができるのか!?

原作となったゲーム『うたの☆プリンスさまっ♪』は、後の“学園+男性アイドル”を題材にしたゲームの草分け的存在で、同様にアニメも“学園+男性アイドル”系アニメの先駆けとなった作品です。

ペアになる過程で恋愛要素があり、アイドルを目指すイケメンたちの姿だけでなく、春歌とペア候補となる男子との恋模様が見られる一度に二度おいしいアニメとなっています。

 

■CV:沢城みゆき(七海春歌)、鈴村健一(聖川真斗)、宮野真守(一ノ瀬トキヤ)、下野紘(来栖翔) ほか
■監督:紅優(1期、2期)、鵜飼ゆうき(2期)、星野真(3期)、古田丈司(4期)
■制作会社:A-1 Pictures
■原作:株式会社ブロッコリー(発売元)
■公式:utapri.com

 

 

「アイドリッシュセブン」シリーズ

アニメ『アイドリッシュセブン』の原作は、2015年8月にリリースされたバンダイナムコオンライン提供のリズムゲームアプリです。

アニメは、第1期が2018年1月から5月まで、第2期が2020年4月から12月までTOKYO MXなどで放送され、第3期が今年2021年に放送予定となっています。

■あらすじ
芸能プロダクション『小鳥遊事務所』に集められた7人のアイドルの卵たち。個性も生活環境も年齢もバラバラの7人だが、それぞれにしかない魅力を持ち、アイドルとしての可能性を秘めた原石たちだった。共に歩み出した彼らは、『IDOLiSH7』というグループ名でアイドル活動を開始し、時に華やか、時に厳しいアイドルの世界で、夢を抱きながら頂点を目指す。

華やかなイメージがあるアイドルたちの苦悩や、知名度を上げるための活動の厳しさなど、表では見せないアイドルの裏側が詳細に描かれていて、キャラクターたちをより身近に感じられるストーリーが魅力です。

■CV:増田俊樹(和泉一織)、白井悠介(二階堂大和)、代永翼(和泉三月)、KENN(四葉環) ほか
■監督:別所誠人
■制作会社:TROYCA
■原作:バンダイナムコオンライン(提供元)
■公式:idolish7.com/aninana

 

 

「B-PROJECT」シリーズ

『B-PROJECT』は、ゲームや音楽の制作などを手がけるMAGES.の女性向けブランドLOVE&ARTが手掛けるアイドルプロジェクト。総合プロデュースを、ミュージシャンの西川貴教さんが担当しています。

アニメは、第1期『B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~』が2016年7月から9月まで、第2期『B-PROJECT~絶頂*エモーション~』が2019年1月から3月まで、それぞれTOKYO MXなどで放送されました。

■あらすじ
大手のレコード会社『ガンダーラミュージック』に就職した澄空つばさは、入社して早々にアイドルユニット『B-PROJECT』の担当を命じられる。B-PROJECTには『キタコレ』
、『THRIVE(スライブ)』、『MooNs(ムーンズ)』という3つのユニットがあり、つばさには日々、思いもよらないトラブルやアクシデントが襲いかかるのだったーー。

このアニメの魅力は、実際に自分が『ガンダーラミュージック』に入社したかのように、アイドルユニットのマネージメントやプロデュースを疑似体験できるところです。

■CV:小野大輔(北門倫毘沙)、岸尾だいすけ(是国竜持)、花江夏樹(阿修悠太)、森久保祥太郎(王茶利暉) ほか
■監督:菅沼栄治(1期)、森脇真琴(2期)
■制作会社:A-1 Pictures(1期)、BN Pictures(2期)
■原作:MAGES.(LOVE&ART)
■公式:bpro-official.com

 

 

「KING OF PRISM」シリーズ

『KING OF PRISM』は、女性アイドルを題材にしたアーケードゲーム『プリティーリズム』を原作にしたアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』の公式スピンオフシリーズ。アニメの制作は、タツノコプロが担当しています。

アニメは、劇場版作品第1作『KING OF PRISM by PrettyRhythm』が2016年1月に公開、2017年6月には劇場版2作目『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』が公開されました。劇場版3作目となる『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」(4部作)が2019年3月から5月に公開され、その後TVアニメが2019年4月から7月までテレビ東京などで放送されました。

■あらすじ
プリズムスター養成学校『エーデルローズ』に所属する神浜コウジ、速水ヒロ、仁科カヅキ『Over The Rainbow』として華々しくデビュー。彼らはたくさんの女子たちのハートを鷲づかみにし、一気にトッププリズムスターへと登りつめ、『エーデルローズ』は勢いに乗るが、突如現れた対抗勢力『シュワルツローズ』によって苦境に立たされる。

そんな時、作曲家としても『Over The Rainbow』を支えていたコウジに、ハリウッドから巨額のオファーが舞い込み……。

男性アイドル系アニメの醍醐味ともいえるショーバトルが綺麗な映像で描かれ、そのビジュアルはまさに圧巻の一言。細部まで描き込まれた圧倒的な映像美に注目して下さい。

■CV:柿原徹也(神浜コウジ)、前野智昭(速水ヒロ)、増田俊樹(仁科カヅキ)、寺島惇太(一条シン) ほか
■監督:菱田正和
■制作会社:タツノコプロ
■原作:エイベックス・ピクチャーズ(企画、配給)
■公式:kinpri.com

 

 

アイ★チュウ

アニメ『アイ★チュウ』の原作となっているのは、2015年6月にリリースされた同名ゲームアプリ。2021年1月からTOKYO MXなどで放送がスタートした。

■あらすじ
有名芸能事務所『エルドール』が経営するアイドル養成学校『エトワール・ヴィオスクール』に入学したアイドルの卵“アイチュウ”たち。入学早々、校長から「3ヵ月でCDを3,000枚売らないと退学」というノルマを課せられ、前途多難な学校生活がスタート。難題を課せられた“アイチュウ”たちは、CDを売るために悪戦苦闘するのだったーー。

“アイチュウ”は「アイドルの途中」を意味しており、一人前のアイドルになるため奮闘するアイドルの卵たちの挫折や成長が、最大のみどころとなっています。

■CV:KENN(愛童星夜)、井口祐一(湊奏多)、豊永利行(御剣晃)、花江夏樹(ノア) ほか
■監督:難波日登志
■制作会社:Lay-duce
■原作:リベル・エンタテインメント(提供元)
■公式:etoile-anime.jp

 

 

まとめ

「男性アイドル系アニメ」とひとくくりにしてしまうと、同じようなストーリーが展開されると思われがちですが、それぞれのアニメに特色があり、キャラクターもさまざま。色々な作品を観比べてみると面白いです。

もちろん原作となったゲームを未体験でも十分楽しめますが、プレイしてから観ると、より楽しめますよ。

WRITER

  • タクマシド
  •        

  • これまでフリーにて色々なサイト、ブログでドラマや映画などのネタバレや考察を書いてきました。アニメ、漫画も大好きで、特にかわぐちかいじ先生の『ジパング』に登場する知る人ぞ知る「アスロック米倉」ファンです。アニメ、漫画の面白い情報やためになる情報を届けられたらと思っています。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ