櫻井翔を手越祐也が超えた? 月収1億超に到達、ジャニーズは薄給事務所なのか

wezzy



手越祐也がこれまでの人生における最高月収をYouTube(2021年2月12日更新)にて告白。“月収”で1億円を超えたことを明かした。

手越祐也は2002年にジャニーズ事務所に入所、翌年にNEWSのメンバーに選ばれてデビューした。2020年6月に会社との契約を終了し、それ以降は個人でYouTubeチャンネルの運営や著書の出版、脱毛サロン(TEGOSHI BEAUTY SALON)に関わっている。

この月収がいつのものかについてまでは触れなかったが、ジャニーズ事務所を退所してからの稼ぎであることは間違いなさそうだ。手越は最高月収発表と同時にこんなことを話している。

<ひとりになるって怖いと思うの。夢があるとしてもそっから出るって。その人に家族があるかもしれないし、いろんな守るものもあるし>
<ただ、勇気をもった人にしか、見れない景色っていうのがあるっていうのも確かなんですよ。それが100%成功するとも限らないと思うんですけれども、夢をもってもらうのは、僕は絶対大事だと思うの。
 これから頑張ってくる後輩とか、芸能界に入ってくる人たちに夢をもってほしい。夢のある芸能界に戻したいっていうのが、僕の夢なので>

手越曰く、この収入にはファンクラブ会費など「ファンからいただいたお金」は含まれていないといい、170万人のチャンネル登録者数を誇るYouTubeの広告料や脱毛サロンなどによる収入で月収1億円を超えたことを示唆している。
櫻井翔でも“年収”が億に届かない?
 ジャニーズ事務所は日本を代表する大手芸能事務所だが、タレントへの還元が少ないとも言われてきた。

元光GENJIの諸星和己はグループ全盛期でも年収が500万円しかなかったとバラエティ番組で明かしている。

また真偽は不明ながら、2019年には「週刊文春」(文藝春秋)にて、櫻井翔が周囲に「俺でも“億”いかないんだぜ」と愚痴を言っていると伝えたこともあった。もしそれが櫻井の冗談ではなく事実だとすれば、2019年は10社に起用され、タレントCM起用社数ランキングの男性部門で1位となった芸能人の収入としてはかなり少ないと言える。

ジャニーズの給料は歩合で、その評価システムはかなり細かいようだ。2020年1月放送『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)で横尾渉は、月額300円の有料制モバイルサイト・Johnny’s web内のブログアクセス数によって給料が変わるとほのめかしている。

所属タレントの収入に関してはあくまでも憶測の域を出ないが、スタッフの待遇については公式の資料から明らかになっている。

2020年にジャニーズ事務所が「マネージャー職(社員)」と「デジタルマーケティングスタッフ(契約社員)」の中途採用を募集していたのだが、その待遇が決して良いとは言えないことがネット上で話題となった。

採用情報ページによると、「マネージャー職(社員)」の給与は「年俸354万円以上(月の固定残業代:74,800円、59時間分含む)※超過分別途支給」であるという。勤務時間は、フレックスタイム制(標準労働時間8時間:休憩1時間含む)。休日・休暇は週休二日(土日)だが、イベント・ライブの兼ね合いで出勤することもある。

公表されているデータでは以上のようになっているが、基本的にどの芸能事務所でも、寝る時間もないほどスケジュールが詰め込まれるタレントをサポートするマネージャーの労働時間はさらに厳しい。この勤務スケジュールでは済まないではないか。また、休日・休暇に関しても、土日祝日はコンサートの書き入れ時であり、挙げられている通りのスケジュールで休める可能性は極めて低いだろう。

芸能事務所のスタッフはジャニーズならずとも似たようなものではあると思うが、そうであればなおさら、事務所を離れてひとりにならなくても「夢」をもつことのできる芸能界であってほしいと願うばかりである。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ