【ビルボード】SEKAI NO OWARI『SEKAI NO OWARI 2010-2019』が総合アルバム首位 ずとまよ/millennium paradeが続く

Billboard JAPAN



2021年2月22日付(集計期間:2021年2月8日~2月14日)の総合アルバム・チャート“HOT Albums”で、SEKAI NO OWARIの『SEKAI NO OWARI 2010-2019』が総合首位を獲得した。

本作はSEKAI NO OWARIの初のベスト・アルバムで、メンバーとスタッフがセレクトした全30曲が収録されている。62,926枚を売り上げてCDセールス1位を記録し、そのほかダウンロード数は1,756DLで4位、ルックアップでも4位を記録して総合首位となった。SEKAI NO OWARIが本チャートで首位を獲得するのは、今回が初めてだ。

総合2位には、ずっと真夜中でいいのに。『ぐされ』がチャートイン。CDセールスは45,459枚で2位、ダウンロード数も4,341DLで2位、ルックアップ5位と、3指標すべてで上位を記録し、バランスよくポイントを獲得した。ずっと真夜中でいいのに。のACAねは、一発撮りのパフォーマンスを切り取るYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に登場。2月12日に公開された「秒針を噛む」で初めて歌っている姿が披露され、話題を呼んだ。

総合3位にはmillennium paradeの『THE MILLENNIUM PARADE』がチャートイン。CDセールスは42,643枚で3位、ルックアップは9位を記録し、ダウンロード数は『ぐされ』と僅差で4,487DLを売り上げて1位を記録している。これにより、当週総合5位にチャートインしているYOASOBIの『THE BOOK』が前週まで記録していたダウンロード指標1位は、5週でストップした。『THE BOOK』は当週ダウンロード3位(2,446DL)を記録し、ルックアップは4週連続で1位を記録している。

Mr.Childrenの『SOUNDTRACKS』は前週総合18位から8位に上昇。2月14日からダウンロード配信がスタートし、1,582DLで同指標6位を記録したことが、チャート上昇につながったと考えられる。

◎【HOT Albums】トップ10
1位『SEKAI NO OWARI 2010-2019』SEKAI NO OWARI
2位『ぐされ』ずっと真夜中でいいのに。
3位『THE MILLENNIUM PARADE』millennium parade
4位『ONE WISH e.p.』MAN WITH A MISSION
5位『THE BOOK』YOASOBI
6位『LoveLive! Sunshine!! Matsuura Kanan First Solo Concert Album ~さかなかなんだか?~』松浦果南(諏訪ななか)
7位『TWO-MIX 25th Anniversary ALL TIME BEST』TWO-MIX
8位『SOUNDTRACKS』Mr.Children
9位『STRAY SHEEP』米津玄師
10位『1ST』SixTONES

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ