メラニア夫人、バレンタインデーに夫トランプ前大統領のことは“お構いなし” 辛辣コメント相次ぐ

共和党ドナルド・トランプ前大統領(74)が選挙に破れ、民主党ジョー・バイデン新大統領(78)の誕生を多くのセレブ達が祝福したのはつい数週間前のこと。米国の政権交代が落ち着き、世間はバレンタインムードに包まれ家族や恋人ともにロマンチックな時を過ごした。この日、元ファーストレディのメラニア夫人(50)もバレンタインデーにちなんだツイートをしたものの、アンチ達から多くの辛辣コメントが寄せられてしまった。

「史上最悪のファーストレディ」とバッシングされながらも、ドナルド・トランプ前大統領と4年の任期を務めたメラニア夫人。公務中はあまり発言をしてこなかったものの、貧しい思いをする子供達のこととなると積極的に支援活動に尽力する姿を見せてきた。

そんなメラニア夫人は、2月14日のバレンタインデーに自身のTwitterで「このバレンタインデーに、勇気があり感情を揺さぶる子供達のことが頭に浮かびます。今日、そしてこれからも彼らに愛と強さをお送りします」と記して、メラニア夫人が数年前に訪れたという「米国立衛生研究所(NIH)」が営む「The Children’s Inn(子供達の宿)」の子供達に向けてツイートした。

さらに前日にも「世界中の素晴らしい子供達に出会えて光栄でした。皆様、素敵なバレンタインデー休日をお過ごしください!」とツイートしていたが、夫のトランプ氏のことは一切書かれていない。本来カップルにとっておめでたい日であるバレンタインデーというのに、夫に向けたツイートではなかったことから「で、ドナルド・トランプとの離婚届には提出したの?」「トランプと離婚しろ」といった辛辣コメントが寄せられてしまった。

なかには「“1996年にニューヨークに移住したにもかかわらず、私の英会話能力は小学生レベルだから子供達としか関わらないのです”」とメラニア夫人の英会話レベルをからかうような声や、バイデン大統領夫妻の写真を添えて「やっとホワイトハウスに再び愛が戻ってきた!」と皮肉を込めたリプライも見受けられた。

ちなみにトランプ氏は米連邦議会占拠事件を巡る弾劾裁判中であったが、現地時間13日に無罪評決が下されていた。メラニア夫人としても、このような段階で夫の話題に触れれば「炎上することは間違いない」と悟っていたのかもしれない。いずれにしてもホワイトハウスから去った後のトランプ氏夫妻の関係が気になる人は少なくないようだ。

画像は『MELANIA TRUMP 2021年2月14日付Twitter「On this #ValentinesDay, I think of the brave & inspirational children at @TheChildrensInn @NIH where I visited the past few years.」、2021年2月13日付Twitter「It was wonderful to meet all of the incredible children from all around the world.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MIE)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ