四国 あすにかけて大雪のおそれ 積雪・路面凍結に注意・警戒を

日直予報士

四国地方は冬型の気圧配置が強まり、上空には強い寒気が流れ込んで、瀬戸内側や四国山地沿いを中心に雪が降り、太平洋側にも雪雲の一部が流れ込んでいる所があります。あす18日夕方にかけて、山地を中心に、普段雪に慣れていない平地でも大雪となる恐れがあります。積雪や路面凍結に注意・警戒が必要です。

●予想される降雪量

四国地方はあすにかけて、上空1500メートル付近に氷点下12度以下の強い寒気が流れ込む見込みです。愛媛県南予や四国山地沿いを中心に雪が降り、大雪となる恐れがあります。
18日6時までに予想される24時間降雪量は多い所で、
山地で30センチ
平地で15センチ
18日6時から19日6時までに予想される24時間降雪量は多い所で、
山地で10~20センチ
平地で5~10センチ
となっています。

日本一面積の小さい香川県でも、数キロ離れているだけで積雪となっている所、晴れている所と、場所によって大きく状況が異なっています。あすにかけて普段雪があまり降らない所でも雪となる可能性があり、また場所や時間によって状況が異なります。お出掛けの際は最新の気象情報や交通情報をしっかりとチェックしてください。

●厳しい寒の戻り 万全の寒さ対策を

先日14日ごろには各地で20度前後まで気温が上がり、春本番の陽気となりました。きょう17日は一転して真冬の寒さに戻っています。あす18日にかけて日中の最高気温は、高松・徳島・松山・高知ともに5度前後の予想で、また風も吹いて体にこたえる厳しい寒さとなりそうです。体調管理に注意し、万全の寒さ対策をしてお過ごしください。この寒さはあさって19日には次第に緩み、その後日ごとに気温は上がって21日ごろには再び各地で20度前後となるでしょう。この先も気温の変動が大きくなりそうです。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ