ドーターのエレナ・トンラによるEx:Re、12アンサンブルとコラボしたデビュー作再構築版のリリース発表

Billboard JAPAN



ドーターのエレナ・トンラによるソロ・プロジェクトEx:Re(エクス:レイ)がデビュー作を再解釈した『Ex:Re with 12 Ensemble』を2021年2月19日にリリースすることを発表した。仏のクラシック音楽家ジョセフィーン・スティーヴンソンと、英を代表する弦楽オーケストラのひとつ12アンサンブルとのコラボレーションとなる同作よりオープニング・トラックの「Where The Time Went」が公開された。

本作はオリジナル・アルバムのレコーディングにも参加したジョセフィーン・スティーヴンソンがキュレーションを務めた英ロンドンのマルチ・アート・スペース、キングス・プレイスのイベント【Venus Unwrapped】の一環として2019年11月30日に公演された演奏をプロデューサー/ドラマーファビアン・プリンが録音した作品である。エレナの失恋をテーマに世界中で共感を呼んだ曲の感情や歌詞の脆弱性は繊細かつダイナミックなオーケストレーションにより更に増幅され、ジョナサン・ルフェーヴル=ライヒによるミックスによって、リスナーがまるで弦楽団に囲まれているような、まさに演奏を間近で体験できるような音像に仕上がっている。

エレナは今作について「世界中でコンサートやイベントが中止や延期になったりしている間にこの作品の録音のミキシングをしていました。何度も何度も何度も音源を聴きかえすことができたのは、私にとってかけがえのない時間で本当に感動しました。なぜなら、人々で埋め尽くされた空間の音というものは、今の私たちに欠けているものだから」と語っている。

ソロ・デビュー作品を補完するもう一つの物語『Ex:Re with 12 Ensemble』は2021年2月19日に各種配信サイトにてストリーミングが開始される。

◎リリース情報
アルバム『Ex:Re with 12 Ensemble』
2021/2/19 RELEASE
https://exre.ffm.to/exrewith12ensemble

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ