【廉】れんではありません!すんなり読める人少ないこの漢字読めるかな?

liBae


今回の難読漢字は「廉」です!
「れん」と読むのではなく違う読み方ですが…わかりますか?
わからなかった人はさっそく、「廉」の読み方をチェックしていきましょう。

(1)「廉」の読み方


「廉」は「かど」と読みます。
名前の漢字や言葉には「れん」という読み方で用いられることが多く、すんなり「かど」と読めた人は少ないのではないでしょうか。
読み方を知らなければ、「かど」という読みは漢字から連想しにくいですよね。

(2)「廉」の他の読み方


先ほどご紹介したように、「廉」は「かど」「れん」という読み方がありますが、他にもあります。
「廉い」と表記されている場合には、「やすい」「いさぎよい」と読み、全部で4パターンあるのです。
「廉」の漢字表記がある際には送り仮名や文面に注目して、読み方を間違えないようにしましょう。

(3)「廉」の意味


そもそも、「廉(かど)」の意味が分からないと読み方もわかりにくいですよね。
「廉(かど)」とは、「角(かど)」と同じ語源で、とくに取り上げるべき箇所や事項のことを指します。
また、「いさぎよい」や「安い」「しらべる。見きわめる」といった意味もあり、意外と使えるシーンが幅広い漢字です。

(4)「廉」を使った言葉


「廉」の漢字を使った言葉も、意外と多いって知っていましたか?
多くの言葉では「れん」と言う読みで使われていますが、「廉潔(れんけつ)」や「廉直(れんちょく)」、「破廉恥(はれんち)」「廉価(れんか)」などの言葉があります。
「廉」を使った言葉も押さえておけば、「かど」と読む場合とその他の場合を見極められるはずです。

「廉」は「かど」と読みます。
「れん」と読む場合が多いですが、文脈やシーンによっては「かど」と読むケースもありますよ。
いざというとき間違えないように、「かど」という読み方もしっかり覚えておいてくださいね。
(liBae編集部)

当記事はliBaeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ