固くてふんわり膨らまない!?こんなホットケーキの失敗を防ぐ調理技

アサジョ


 2020年、コロナ禍でホットケーキミックスが売り切れ状態になった時期がありましたよね。今では普通に買えるようになりましたが、実はこのホットケーキ、固くなったりふくらまなかったり焦げたりと、失敗してしまうことも多いんです。そこで、ホットケーキが失敗しないための技を紹介していきましょう。

■混ぜ過ぎない

森永製菓が公式サイトで出している「ふんわりホットケーキの基本の焼き方・表ワザ5カ条」によると、ホットケーキミックスと牛乳(または水)を混ぜ過ぎるとふくらみが悪くなるので、軽く混ぜるのが鉄則なんだとか。「ダマが残ってるし……」なんてときでも、逆に20回くらい大きくさっくり混ぜて少しダマが残る程度がいいそうですよ。

■泡が出たらすぐに裏返す

同じく森永製菓によると、焼き始めて弱火で約3分、プツプツと小さな泡が出たらすぐにひっくり返す合図なんだとか。泡が出過ぎるのも、ふくらみが悪くなる原因になるそうです。

■マヨネーズを入れる

これもフワッと仕上げるポイント。キユーピーの公式サイトでは、マヨネーズをホットケーキの生地に混ぜて焼く方法が紹介されています。ホットケーキがふんわりとならないのは、小麦粉のグルテン(たんぱく質)がかたく結合してしまうから。生地にマヨネーズを混ぜて焼くと、乳化された植物油や酢がグルテンの形成に影響を与えて生地がふくらみやすくやわらかになり、さらには、表面がサクッとした食感にもなるとか。裏面を焼くときにふたをすると、よりふんわりと出来上がるそうですよ。

これらのテクニックを駆使して、失敗なしでホットケーキを作りましょう!

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ