剛力彩芽、事務所独立後ドラマ初出演 三浦貴大主演『彼女のウラ世界』でヒロイン役

クランクイン!

 女優の剛力彩芽が、3月22日スタートする俳優・三浦貴大主演のドラマ『彼女のウラ世界』(フジテレビTWO ドラマ・アニメ、ひかりTV)でヒロインを演じることが発表された。事務所から独立後初のドラマ出演となる。

本作は、「東京カレンダー」webサイトにて2020年夏に連載がスタートし、登場人物のクセの強さが大きな反響を呼び話題となった女里山桃花による同名小説を、フジテレビTWO ドラマ・アニメとひかりTVの共同制作でドラマ化。男女それぞれの視点で2つのストーリーを描き、男の視点で描かれる<TOSHIRO SIDE>をフジテレビTWOで、女の視点で描かれる<AKIKO SIDE>をひかりTVのひかりTVチャンネルで、3月22日から連日、各5話をリレー方式で放送する。監督は映画『南瓜とマヨネーズ』の冨永昌敬。

3年付き合った彼女にプロポーズした男。しかし翌日、女は婚約指輪を置いて突然いなくなった。女はなぜ男の元を去ったのか? そして、男と一緒に過ごしている間、なぜ正体を隠していたのか? インスタグラムから情報をかき集め、突然消えた彼女の足跡を追っていくうちに、彼女の真実とともに、追う側の男の本性もあらわになっていく。

主演の三浦は、制作会社でドラマのディレクターとして働く、プライドが高い西村敏郎役。エリート意識が強く、これといった挫折もしてこなかった自己中心的な性格で、若干女性蔑視の入ったモラハラ気質の自分に気付いていない厄介な男を演じる。

剛力は、多忙な敏郎を陰で支える地味で慎ましい家庭的な女性だが、敏郎からプロポーズされた翌日に姿を消すという、多くの謎に包まれた近藤明子役を演じる。

このほか、西田尚美、杉山ひこひこ、ゆうたろう、栁俊太郎、霧島れいか、藤田朋子ら実力派俳優陣が脇を固める。

三浦は「敏郎は、実際に身近にいたらあまり友だちになりたくないというか、私自身は苦手な人物ですが、本人は真剣で、一生懸命、少しズレていて演じていて非常に楽しいです」とコメント。

剛力は「久しぶりに連続ドラマに出演させていただきます。この状況下の中で、作品を作らせていただけることが何よりも嬉しく、チームが一つとなって観てくださる皆さまに想いを届けられたらと思います。2つの視点からどんな物語が生まれ、どのようにウラとオモテが重なっていくのか。そもそもウラとは何かを私自身が考えさせられています」と話している。

ドラマ『彼女のウラ世界』は、<TOSHIRO SIDE>がフジテレビTWO ドラマ・アニメにて3月22日より5日連続で各23時放送。<AKIKO SIDE>がひかりTVチャンネルにて同日より5日連続で各23時30分放送。

<コメント全文>
■三浦貴大
「今回『彼女のウラ世界』で、敏郎を演じさていただくことになりました。
敏郎は、実際に身近にいたらあまり友だちになりたくないというか、私自身は苦手な人物ですが、本人は真剣で、一生懸命、少しズレていて演じていて非常に楽しいです。
冨永監督、剛力彩芽さんとも久々に現場でご一緒できることになり、良い作品が出来上がる予感がしています。
現在、コロナ禍でこのような社会の状況ですが、少しでも楽しんでいただける作品を皆様にお届けしたいと思いますので、役者としてこの作品に全力で臨みます。完成を楽しみにお待ち下さい」

■剛力彩芽
「久しぶりに連続ドラマに出演させていただきます。
この状況下の中で、作品を作らせていただけることが何よりも嬉しく、チームが一つとなって観てくださる皆さまに想いを届けられたらと思います。2つの視点からどんな物語が生まれ、どのようにウラとオモテが重なっていくのか。そもそもウラとは何かを私自身が考えさせられています。
皆さまにもドキドキしながら観ていただけたら嬉しいです!」

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ