佐藤二朗、他の俳優に例えられることに言及 「ちっとも嬉しくない」

fumumu

佐藤二朗(写真提供:JP News)
俳優の佐藤二朗さんが16日自身のツイッターを更新。俳優のしての真剣な考えを綴り、ファンから称賛の声が寄せられています。

■褒め言葉ではあるものの…


普段はホッコリするツイートが人気の佐藤さんですが、16日の投稿では「世界のいったいどこに『○○(自国)のアル・パチーノ』『○○のトム・クルーズ』と言われて喜ぶ俳優がいるのだろう」と真剣にツイート。

他国の俳優を引き合いに出しその人の魅力をあらわす表現は、ほとんどの場合褒め言葉として使われる印象ですが、佐藤さんは「正直ちっとも嬉しくない」と綴ります。

関連記事:佐藤二朗、妻への激甘メッセージを誤って投稿 「ちょ、待てえええい!!!」

■『パラサイト』の父親役で1位


この投稿に一部フォロワーからは、15日放送の『ネプリーグSP』(フジテレビ系)で不快な思いをしたのではという見解が。

どうやら同番組が実施した、”韓国映画『パラサイト』を日本リメイクしたらソン・ガンホの役は誰がいいか”という質問で、佐藤さんが一位に輝いたのだそう。それを受けての投稿かと思われたようです。

しかし佐藤さんは番組を見ていなかったようで、番組は関係ないこと、1位だったことは「素直に嬉しい」と説明します。

■「俺は、俺のために生まれてきた」


とはいえ、最近ではスタッフから「『二朗さんは日本のソン・ガンホですね』と言われる」ことがあるのだそう。もちろん褒め言葉であることは分かっているものの、佐藤さんとしては「どうにも寂しさのような感情がある」のだとか。

佐藤さんは韓国の映画界をすごいと思うゆえに、「日本の○○と言われる前に逆のことを起こしたい」と心情を吐露。「俺は、俺のために生まれてきた」「俺は日本の佐藤二朗だ。これを余生で証明する」とまっすぐな想いを綴りました。

■共感と絶賛の声相次ぐ


コメント欄では「流石です  二朗さんかっこいいです」「よくわかります! 『第二の◯◯』とか、『◯◯の後継者』とかいうのも嫌いです」「自分は自分そう言えるって幸せです」と、共感や絶賛の声があがるなか「二朗さんは、日本で生まれた新種の俳優だから。かなり希少種!」との声も。

番組や他の俳優への配慮も忘れず、しかし自分の考えも綴った佐藤さん。たとえ俳優業でなくても同じ想いの人は多かったようで、その生き様をカッコいいと感じたコメントも寄せられています。

★佐藤さんのツイートはこちら

・合わせて読みたい→佐藤二朗、“愛娘”結婚を祝福 「たったひとつのお願い」にツッコミ殺到

(文/fumumu編集部・五代桜子)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ