はじめしゃちょー、催眠術で宝物を譲渡 視聴者「かかり方がリアル」

fumumu


はじめしゃちょー

人気ユーチューバーのはじめしゃちょー(登録者数909万人)さんが15日、『ヘキちゃん☆トラちゃん』(登録者数47万人)の動画に登場。催眠術にかかり、遊戯王カードを譲る姿が話題になっています。

■催眠術師にかかるのか?


この日、チャンネルでは催眠術師Daiさんを招き、はじめしゃちょーさんとともに催眠術にかかる企画を実施します。催眠は初体験なものの、その手の動画を見て面白そうと思ったはじめしゃちょーには最適な企画です。

ヤラセなしが売りのDaiさんは、かからなかった場合でも嘘をつかなくていいそう。しかし、ふたりとも催眠にかかりやすい体質だったようで、石が左右や前後に動く催眠では、はじめしゃちょーさん、相馬さんともに言われたとおりに動き、「すっげえ」「びっくりしちゃった」と驚きを見せます。

関連記事:元へきトラハウス・相馬トランジスタ、最高月収「200万円」 低かった理由は…

■わさびが甘くなる催眠もかかる


その後、わさびが甘く感じる催眠に移行。口の中に大量のわさびを入れられた相馬さんは「辛味はないですね。甘いかも」と述べ、催眠が解けると大きくむせます。もう一度かけるとふたたび甘く感じられ、飲み込むと喉でわさびの味を感じます。(催眠にかかるのは口の中だけのため)

そして、次ははじめしゃちょーさん。相馬さんほどは強くかからないものの、「マスタードのレベルでした」「ちょっとピリッと」と感じます。そして、催眠が解けた瞬間に吐き出すことに。

■宝物・遊戯王カードでもかかりかける


そして動画は本題に。カードコレクターとして、はじめしゃちょーが大事にしている遊戯王カードのデッキを取り出し、相馬さんが「これ俺にあげたくなったらすごくないですか?」と尋ねます。しかも、市場で1枚7万円もする「灰流うらら」、5~6万円の「死者蘇生」のカードです。

Daiさんによって他者にあげたくなる催眠をかけられたはじめしゃちょー。せーので手を伸ばすと反射的にガードし、催眠失敗かと思わせられますが、Daiさんが持った「死者蘇生」はそこまで拒まず。しかし、ふたりが本当に帰りかけたところで我に返ったようで、「ダメだ」と言って追いかける終わり方となりました。

■「笑った」「リアル」


今回の動画に対し、コメント欄では「なんだよこの企画笑」「めちゃめちゃ面白い」「相馬さん、かかりやす過ぎ」「Daiさんの催眠術のしくじり具合がリアルかつ笑えます」などの声が寄せられることに。

最終的にはじめしゃちょーが我に返るところなど、視聴者にとってもリアルで面白い内容になっていたと言えるでしょう。

★ヘキちゃん☆トラちゃんの動画はこちら

・合わせて読みたい→はじめしゃちょー、1年間お米禁止を宣言 「やるしかないんすよ…」

(文/fumumu編集部・柊青葉)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ