トーンモバイル、AI自撮り被害防止機能をiPhone版に追加 1カ月の無料試用も


ドリーム・トレイン・インターネットは2月16日、MVNOサービス「トーンモバイル」で提供しているiPhone向けの格安SIM「TONE SIM(for iPhone)」をアップデートし、Android版の格安スマホですでに提供していたAIを用いた自撮り被害防止機能「TONEカメラ(for iPhone)」を追加すると発表した。アップデートは2月16日から実施する。基本プランの料金は月額1,500円(税別)で、1カ月間無料で試用できるキャンペーンも実施する。

昨今、SNSで知り合った人の求めに応じて子どもが自分の裸の写真を送ってしまい、バラまくぞと脅されてさらに過激な写真を送る、といった「自画撮り」の被害が問題になっている。トーンモバイルは、裸などの不適切な画像をAIが検知して撮影できないようにする独自機能を搭載したAndroidスマホ「TONE e20」を2020年2月に投入。大手キャリアにもない有用な機能として注目を集めた。

今回同社が発表したTONEカメラ(for iPhone)は、TONEカメラの機能をiPhoneの標準カメラやサードパーティー製のカメラアプリでも利用できるようにしたもの。基本的な機能はAndroid版のTONEカメラと同等で、AIが撮影した写真の被写体を分析し、撮影したのが人物の裸だと判断した場合は警告が現れ、写真は端末に保存されずに破棄される。カメラアプリだけでなく、スクリーンショットでも検知機能が働くという。

合わせて、保護者のスマホに不適切な写真を撮影したことが通知され、そのような写真を撮ろうとしたことを親が認識できる。TONE e20の発表時、同社の石田宏樹社長は「こういう写真を撮ったら親に通知が行く、ということで抑止効果も期待できる」と語っていた。

一連の機能はすべて端末内で処理され、クラウド経由で端末外に出ることはないため、プライバシーが守られる。

料金は、基本プランが月額1,500円(税別)、SMSオプションが月額100円(税別)、見守り機能を利用するためのTONEファミリーオプションが月額200円(税別)。

キャンペーンとして、オンライン専用フォームからTONE SIM(for iPhone)を新規契約した人に、基本プランとSMSオプション、TONEファミリーオプションの月額料金を1カ月間無料にする「無料おためし」を実施する。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ