平子理沙、誕生日を迎えるも「50歳に見えない」の声 80代の母親も「素敵すぎる」とファン急増中

モデルの平子理沙が14日、50歳の誕生日を迎えた。11日にはアメリカ・ロサンゼルスに暮らす母・平子禧代子さんが81歳となり、「お互いなかなかの年齢になってまいりました」と理沙も感慨深けだ。

15日の『平子理沙 RISA HIRAKO risa_hirako Instagram』に「わたくしのために温かいバースデーメッセージを本当に本当にありがとうございます」と感謝の言葉を綴った平子理沙。何度も何度も読み返し、幸せを噛みしめていたという。前日の誕生日には、50歳になった実感があまりない―とも明かしていたがそれもそのはず、今も可愛いものが大好きで若い世代の流行もどんどん取り入れ、フリルやミニスカートがお似合いな彼女は実年齢など意識したことがないだろう。この冬は白やミントグリーンのもこもこアウターを颯爽と着こなしている。理沙のモットーは“人生楽しんだもの勝ち!”で「勉強も遊びも仕事もゆっくりフル回転で突き進んでいきたいと思います」とこれからの抱負を述べている。

一方で日本にネイルアートを広めた第一人者として知られ、こちらも80代とは思えぬ若さとスタイルを保つ平子禧代子さん。いつも明るくたくさんの人から愛され、ファッションやメイク、インテリアに気を配りながら一人暮らしを続ける母親を理沙は心から尊敬している。禧代子さんも自身のインスタグラムで娘の誕生日を祝い、「いつまでもママの大切なbabyで、可愛くて優しい心と美しい気持ちの理沙ちゃんでいてください」と幼少期の理沙を抱いた親子ショットを投稿。「二度と無い今日という日を大切に、思い残す事のない様にね」と遠く離れた日本で暮らす娘の幸せを願っていた。

理沙のファンも彼女の50歳という年齢に違和感があるようで「こんな美しい50歳を僕は知りません」、「最強に可愛すぎる!! 50歳に見えない」、「こんな50歳最高!! ピンクヘアーがホント可愛い」「年齢なんかナンバーにすぎないを体現してるりちゃが大好き」という声や、「お洒落で心優しくて ホントに素敵なお母様」「りちゃママは憧れです! 素敵すぎる。りちゃママを見ていると、歳を重ねるのが楽しみになります」と昨年のクリスマスからインスタグラムを始めた禧代子さんのファンも急増しているようだ。

画像2、3枚目は『平子理沙 RISA HIRAKO 2021年2月14日付Instagram「It’s my birthday ~」、2020年9月9日付Instagram「ハロ~ LAから無事に戻ってきました!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ