平山浩行“日比野”が草刈正雄“神田”を憎む理由は!?『おじ猫』

テレビドガッチ

草刈正雄が主演のドラマParavi『おじさまと猫』(テレビ東京系、毎週水曜24:58~)の第7話が2月17日に放送される。

本作は、桜井海による同名コミックを実写ドラマ化。妻に先立たれて以来、孤独な日々を過ごす世界的ピアニスト・神田冬樹(草刈)が、たまたま通りかかったペットショップで出会ったエキゾチックショートヘアのオス猫に一目惚れ。ふくまる(声:神木隆之介)と名付け、共同生活を送る姿を描く。

前回の第6話では、森山(小関裕太)に誘われて、今話題のピアニスト日比野奏(平山浩行)のコンサートにいった神田(草刈)だったが、胸が苦しくなってしまい……。

<第7話 あらすじ>
世界的ピアニストである神田(草刈)との才能の差に打ちのめされて以来、神田を憎んでいる日比野(平山)は、先日、自分のコンサートを神田が途中退出したことに、苛立っていた。そんな中、日比野は母親から猫・マリン(声:松本穂香)の飼育を押し付けられ、しぶしぶ猫グッズを揃えるためペットショップに向かうことに。

店員の佐藤(武田玲奈)に勧められるがまま、大量の猫グッズを選んでいると、偶然にも神田と再会を果たすが……!?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ