私たちコレで元カレと“復縁”しました!【究極の方法4選】

ウレぴあ総研



■元カレへの未練を抱えているなら復縁もあり!

彼氏と別れたからといって、諦めて次の恋愛に進めるほど恋愛は簡単ではありません。

自分本位での別れではない場合、少なからず未練が残るものです。寂しさだったり、後悔だったり……。

一般的には半年もすればその未練も次第に和らいでいき、女性によっては次の恋愛に踏み出そうとする人もいるかもしれません。

しかし、新しい出会いがあっても、「もう終わった恋愛だから」と割り切って見せても、やはり心のどこかで彼のことを求めてしまうのであれば、“復縁”を考えてみるべきかもしれません。

筆者の友人には数名、元カレへの未練を諦めきれず復縁を叶えた女性がいます。どうやって元カレと復縁したのか話を聞いてみましたので、ご紹介します。

■復縁を叶えた女性たちが実践した「究極の方法」4つ

■別れた直後の“連絡”は控えた

「別れた直後は自分も動揺して、つい連絡をしたくなります。でも、別れを切り出している男性からすれば、少し重いですよね。

別れた直後はしつこくせずに、2ヶ月くらい距離を置きました」(Sさん・27歳女性)

納得いかない別れ方であるほど、どうすればまた復縁できるかをつい元カレに問い詰めたくなりますよね。

しかし、男性からすれば少なからず振ってしまった罪悪感もあるものです。「どうして?」と聞かれたところで、答えられないことのほうが多いもの。

関係をこじらせるだけなので、別れた直後の連絡は控え、冷静に彼と向き合えるようになってから連絡するようにしましょう。

■“恋愛感情”を出さずに距離を縮めた

「元カレはもともと高校の同級生だったので、共通の友達がいました。みんなでバーベキューに出かけたり、遊ぶようになってから自然と前のように話す間柄になったような気がします。

共通の友達に協力してもらうようなことはせず、一緒にいて居心地のいい関係を目指しました。彼から“また付き合う?”と言われたときは嬉しかったです」(Kさん・37歳女性)

別れたことを引きずるより、元カレとの新しい関係を再度構築していくイメージを持った方があせらずアプローチできるでしょう。

彼の誕生日などに「元気にしてる?」といった軽めのメッセージが好まれます。

ふたりで何度か会うようになるなど関係修復までは、恋愛感情を出さずに距離を縮めましょう。

■焦りは禁物!恋愛ばかりに囚われなかった

「振られた側から連絡をするのは元カレからしたら重いのかなと思ったので、連絡がくるまで待ちました。

SNSなどは繋がったままだったので、“元カレがまた連絡したくなるような女になろう”と新しく習い事をはじめてみたり、交友関係を広げて恋愛ばかりに囚われないようにしました。

焦らずまた魅力的に感じてもらえるような方法を模索するといいと思います」(Aさん・35歳女性)

どうしても好きな男性には「自分と同じくらい好きになってほしい」と思ってしまうものです。

しかし本当に好きならば、相手を想っているだけで幸せなのも事実。あえて、あからさまなアプローチをせずに「いつか振り向いてもらえるまで」と自分磨きを頑張るのもいいでしょう。

■“短期決戦”で思いを伝え直した

「彼氏に振られたくらいで諦められるような恋心ではなかったので、3ヶ月ほど猛アタックして、もう一度振られたら諦めようと決心。ダイエットも頑張ったし、周囲も引くほどご飯やデートに誘い出しました。

最初は気まずいのか断られたりもしましたが、期間を決めていただけに、めげるようなことはなかったです。

3ヶ月後、決意の通りに告白を決行しました。元カレは“バレバレだったよね”と笑顔で応えてくれて嬉しかったです」(Rさん・24歳女性)

一度は好き同士で交際していた仲なのですから、遠慮なくアプローチするのもありです。元カレの迷惑にならないように短期決戦で思いをつたえ直しましょう。

自分のなかに未練をため込むより、元カレにその思いを伝えてしまった方がすっきりするかもしれませんね。



たいていは別れた後に気まずい関係になり、そのままフェードアウトになってしまうカップルが多いですよね。でも、元のような友達関係に戻れたのなら、望みがあります。

未練があるのなら無理に諦めず、タイミングをみて元カレに再度アプローチをしてみてはいかがでしょうか。また、恋人として笑い合える日がくるかもしれませんよ。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ