シトロエンのお洒落MPV「ベルランゴ」が、人気に応えてブラッシュアップ!

IGNITE


シトロエンのお洒落なマルチパーパスヴィークル「ベルランゴ」が好調な販売を続けているようだ。今回はその人気ぶりに応え、新たなボディカラーの追加や、特別仕様車の「XTR PACK(エクストラパック)」のレギュラーモデル化などを実施している。



[nextpage title=”「XTR PACK」を加えた3グレードで展開”]

ベルランゴの人気ぶりには合点がいく。全長4,405×全幅1,850×全高1,850mmのボディからは、使い勝手の良さとワクワク感が伝わってくるようで、とくに子育てファミリーやアウトドア派から歓迎されていることだろう。



実際、手動式の両側スライドドアや独立開閉式ガラスハッチ付きのリアゲート、パノラミックルーフと収納スペースを融合させた「Modutop(モデュトップ)」といったユーティリティは、使い込むほどに愛着が湧いてくる。



パワートレーンは、1.5Lの直噴ターボディーゼル(130ps/300Nm)と8速ATを組み合わせ、駆動方式はFFのみ。WLTCモード燃費は21.2km/Lと良好で、思いっきり遊び回ったとしてもランニングコストを低く抑えられる。



運転支援システムは、アクティブクルーズコントロールや衝突被害軽減ブレーキをはじめ、レーンキープアシスト、ブラインドスポットモニター、バックカメラなどを全グレードで標準装備する。



グレードは、装備を簡素化してリーズナブルな価格設定とした「FEEL」と、ベルランゴの魅力を堪能できる「SHINE」に加え、アクティブ感を強調した内外装をまとう「SHINE XTR PACK(エクストラパック)」が今回からレギュラー化されている。なお、「FEEL」は仕様変更が施され、ブラインドスポットモニターが標準装備となっている。



ボディカラーは全4色。ソリッド系は「ブラン バンキーズ」のみ。メタリック系の有償色(6万0,500円)は、「サーブル」に加え、従来のアクアグリーンに代わる新色の「ディープブルー」、同じく新色の「メタリックコッパー」という3色が設定されている。



全4色から自由に選べるのは「SHINE」のみで、他のグレードでは「ブラン バンキーズ」もしくは「サーブル」の2択となる。



■グレードおよび価格
ベルランゴ FEEL=317万円
ベルランゴ SHINE=344万円
ベルランゴ SHINE XTR PACK=354万円

(zlatan)

画像元:Groupe PSA Japan

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ