「ホラーちゃんねる」が“ホラーYouTube映画祭”を開催 短編作品の募集を開始[ホラー通信]

ガジェット通信



ホラー専門のYouTubeチャンネル「ホラーちゃんねる」が、登録者数11万人突破を記念した“ホラーYouTube映画祭”を開催。動画作品の募集を開始した。

募集する動画は、1分以上 30分以内のホラー作品。実写やアニメーション、ドキュメンタリーなど形式は問わず、プロ・アマも不問としている。

応募された動画は、「ホラーちゃんねる」大橋孝史氏や「オバケン」吉澤ショモジ氏など、ホラーや映像に特化したクリエイターらが審査。第一次選考通過作品は「ホラーちゃんねる」YouTubeチャンネルに掲載。視聴回数や評価も加味した上で、最終的な入賞者を選定する。

入賞者には賞金が贈られるほか、ホラーちゃんねるとの新規企画開発、秋葉原UDXでの記念上映が実施される。結果発表は8月を予定。応募は映画祭公式サイトから。



ホラーYouTube映画祭

公式サイト:https://www.horrorchannel-movie.com/filmfestival

【募集概要】

募集内容:1分以上30分以内のホラー動画

作品提出・応募締め切り:2021年6月30日(水)

審査員:

・ホラーちゃんねる/大橋孝史(プロデューサー)

・バラン(日本唯一のホラー動画実況者)

・オバケン吉澤ショモジ(ホラープランナー)

・すずき(ホラー好きタレント)

・大石雅貴(YouTubeプロデューサー/SNSマーケター)

主催:ホラーちゃんねる

協力:AnyMind Japan、Akiba.TV、AuditionTV 


当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ