門脇麦、家族が撮影現場を訪問「“両親参観”感しかない」 

クランクイン!

 女優の門脇麦が15日、都内で行われた主演映画『あのこは貴族』公開直前イベントに、共演の水原希子、石橋静河、山下リオ、岨手由貴子監督とともに出席。門脇の両親との良好な関係性が明かされた。

作家・山内マリコの長編小説を実写化する本作は、異なる階層で生きる女性たちの自立を描くシスターフッドムービー。都会に生まれ婚活に余念がない箱入り娘・榛原華子役を門脇が、地方から上京し自力で都会を生き抜く女性・時岡美紀役を水原が演じる。

それぞれが演じる役柄を表現するため、衣装にこだわったという同作。箱入り娘・華子の衣装について門脇は「お嬢様といっても、いろんなタイプが居るよねって。ハイブランドに身を包む方もいますが、華子は割りと古風な、おばあちゃまからもらったのかなというようなネックレスをしていたり、お母さんとかお姉さんに『これ着なさい』と言われて渡されたような洋服を着ていたり」と説明し、「冒頭の華子は自我という意思がないということも印象付けたかったので、個性が出ない衣装を、ということにこだわりました」と語った。

門脇と石橋、水原と山下がお互いを「あの子は○○」と紹介しあう場面では、門脇が石橋を「笑顔が太陽のような人」、石橋が門脇を「家族思い」と紹介。石橋は「ご両親がいらしてましたよね。現場に家族が来るってあまり聞いたことなかったけど、すごくお互い独立してそこにいる感じが素敵だったんです」と、門脇の両親が撮影現場に足を運んでいたことを明かした。

すると門脇は「うちの両親すぐ来るんですよ。地方ロケとかしてても来るんですよね」と告白。「私は“両親参観”感しかないですけど、慣れました。飛行機で来なきゃいけないようなところに無断で『やっほー』みたいな感じで」と苦笑した。

また水原は山下を「いつも口角が上がっている人」と紹介し、「口角が下がっているところを見たことがない。嫌なことがあってもポジティブエネルギーではねのけちゃうんだろうな」と称賛。山下は水原を「素直」として、「思ったことは本当にはっきり言ってくれる。なにについても嘘がない」と説明した。

さらに「ちょっとだけ私が希子ちゃんの脇腹あたりを触ったシーンがあったんですけど、『うぇい!』ってスポンジ・ボブみたいになっているところがあって、そこの反応が好きでした」と水原との共演シーンのエピソードを披露し、笑いを誘った。

映画『あのこは貴族』は、2月26日全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ