YOASOBIのikuraでおなじみ、幾田りら書き下ろし曲の新CM

Entame Plex



東京海上日動あんしん生命保険株式会社(以下、あんしん生命)は、2月16日(火)より新CMを放映する。

あんしん生命が、1月5日より発売開始した「あんしん就業不能保障保険」を広く伝えるべく新CMを制作。新CMでは、「ひとりひとりの生きるのそばに。」をテーマに、様々な世代の人たちが、壁にぶつかりながらもひたむきに生きる姿を映し出している。



物語は、映画「ビューティフルドリーマー」で主演を務めた他、映像作家や執筆家としても活躍中の小川紗良演じる“わたし”の「いつもの日常」を軸に、4つのストーリーを展開。周囲の人達やそれを応援する家族を通じて、「あんしん就業不能保障保険」の特長を、小川の自然体かつ魅力的な演技で伝える。

4つのストーリーは、YouTube等のWebCMとして放映すると同時に、「帰ってきた先輩」篇と「お父さんの決断」篇の2篇をテレビCMとして放映。



また、動画の楽曲は、音楽ユニットYOASOBIのボーカルikuraとしても活動する幾田りらが本CMのために書き下ろした「Answer」を起用。多くの人が悩み、もがいた2020年。幾田も様々な葛藤を抱いたという。本楽曲は、そんな幾田自身の経験を重ねながら、“チャレンジすることを応援したい”という新CMのテーマをもとに制作された。明るい未来に向かって頑張る人達の背中を押すような、メッセージ性の強い一曲となっている。

小川と幾田がタッグを組むのは、2019年夏の同社CMからおよそ1年半ぶり。逆境の2020年に大躍進を遂げた2人が送る、感動的で心温まる新CMをどうぞお楽しみに。

なお、新CMの公開に伴い、「あんしん就業不能保障保険」の商品説明や、動画撮影および楽曲収録時の様子を収めたメイキング映像などが掲載された特設サイトを開設。メイキング映像では、書き下ろし楽曲「Answer」のワンコーラス版を聴くことができるほか、小川と幾田の特別コメント動画も併せて掲載されているので、ぜひチェックを。

当記事はEntame Plexの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ