『呪術廻戦』全ての辻褄が合ってしまう…虎杖悠仁と脹相は“ガチで兄弟説”が浮上中!?

numan


物語が進むごとに、様々な考察が広がっていく『呪術廻戦』。最近では原作第135話の展開を受けて、虎杖悠仁と脹相の兄弟説が浮上しているようです。その根拠とは?
『週刊少年ジャンプ』7号に掲載された『呪術廻戦』第135話。脹相のお兄ちゃんムーブが話題となっていましたが、じつは今ファンの間では“虎杖悠仁と脹相はガチ兄弟”という説が流れています。
『呪術廻戦』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

『呪術廻戦』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

『呪術廻戦』|呪い。辛酸・後悔・恥辱...。人間の負の感情から生まれる禍々しきその力は、人を死へと導く。ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖は、呪いを廻る戦いの世界へと入っていく...!異才が拓く、ダークファンタジーの新境地!

お兄ちゃんムーブから兄弟説へ

そもそも呪胎九相図のひとり・脹相といえば、虎杖たち呪術高専組にとって敵である人物。

しかし第106話にて突如彼の脳内に存在しない記憶が溢れ出し、虎杖や弟たちと仲睦まじく食卓を囲う描写が描かれました。
【プレゼント】フォロワーが5000名増えるごとにアイコンをあげちゃうキャンペーン!215000人突破ありがとうございます!

呪胎九相図より脹相、壊相、血塗をセットで!

TVアニメ #呪術廻戦 もよろしくお願いします!
→next220000!#JujutsuKaisen

歴代アイコン・壁紙⚡️https://t.co/CeAQb6qwo4 pic.twitter.com/Mmr3jQrWm2
— 呪術廻戦【公式】 (@jujutsu_PR) November 2, 2020加えて第134話では「よくも俺に!! 虎杖を!! 弟を!! 殺させようとしたな!!」と夏油傑に襲いかかり、脹相が虎杖サイドにつく展開に。

ここから彼のお兄ちゃんムーブが始まるわけですが、ではなぜ“兄弟”説が囁かれたのでしょうか。

根拠のカギは夏油傑の“あの言葉”

キーとなるのは原作第133話。血まみれになりながらも盾突く虎杖に対し、夏油が吐いた台詞「我ながら流石と言うべきか 宿儺の器タフだね」に注目してください。

まるで宿儺の器(虎杖)を自分が作ったかのような発言をしており、のちにこの夏油の正体が呪胎九相図を生み出した呪術師・加茂憲倫と同一人物だと明らかになります。そのためネット上では「虎杖も加茂憲倫によって作られた存在だと考えれば、脹相が“弟”と呼ぶ理由にも納得がいくよね?」「これはガチ兄弟説が濃厚になってきたぞ」といった反響が続出。

果たして真実や如何に……。
『呪術廻戦』作者の推しは五条悟よりもあの人!?「悪いことは言わない」と芥見下々が勧めるのは…

『呪術廻戦』作者の推しは五条悟よりもあの人!?「悪いことは言わない」と芥見下々が勧めるのは…

アニメの影響もあり、着々と人気が高まっている『呪術廻戦』の五条悟。しかし作者の芥見下々先生自身は五条推しではないようで、以前開催されたキャラクター投票ではこんなコメントを残していました。

『呪術廻戦』五条悟がスタイリッシュな豚に…!?『ねほりんぱほりん』がパロってしまう

『呪術廻戦』五条悟がスタイリッシュな豚に…!?『ねほりんぱほりん』がパロってしまう

先日ネット上では、NHKの人気番組『ねほりんぱほりん』の公式Twitterが大きな話題に。番組放送後に投稿された“パロディ画像”に対し、『呪術廻戦』ファンがザワついているようです。

当記事はnumanの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ