主婦よりも主夫してる!【家庭的過ぎる旦那】のメリットとデメリット

ハウコレ



少し前だと、奥さんは家の中を守り、旦那さんは仕事へ向かうという構図が一般的な家の状況でしたが、現在では夫婦共働きも多くなってきており、お互いに家のことを協力して分担するという家庭も多くなってきています。

男性も今では家事がある程度できるようになってきているので、主夫力が高い方もいます。
今回は、家庭的すぎる旦那のメリットとデメリットについて、ご紹介していきます。
男性でも家事が上手な人が多いので、負けたくありませんよね。

■家事の負担が減って少し楽ができる
掃除をしたり、洗濯ものをすることが大嫌いな方もいるでしょう。自分だけでは嫌いだとしてもやらなければいけませんが、旦那さんが家事を大好きなのであれば、積極的にやってくれるので、助かりますよね。自分だけであればすぐに汚い部屋になってしまうので、旦那さんのおかげで、綺麗な部屋に暮らしていると言っても過言ではありません。家事が嫌いな女性は意外にも多くいるので、積極的にやってくれる人が旦那さんだと嬉しいでしょう。掃除や洗濯は旦那さん、料理は自分がするなど、得意分野で分けることができるので、ラクに家事と炊事をこなしていけます。どちらか片方がやらなければいけないということはないので、うまく旦那さんと相談して、役割分担していきましょう。

■主婦としてのプライドが傷つく
いつも家事のことをしっかりとこなしてくれる旦那さんがいて、ありがたいですが、あまりにも主夫力がありすぎて、専業主婦としてのプライドに傷がついてしまうこともあります。ラクになっていますが、専業しているので、悔しいという気持ちにもなりますよね。あまりにも家事力が高すぎてしまうと、専業主婦として家を守っている女性からして、自分はしっかりやれているのか、不安になってしまうこともあるようです。不安になった時は、旦那さんにコツを教えてもらったりすると、夫婦仲もさらに良くなるでしょう。

■セールなどに詳しい
スーパーのセール情報や、ネットなどで細かく安売りをしていないかチェックすることが趣味になっている方もいるようです。旦那さんがこのように調べることが趣味なのであれば、情報を共有して、安く買うことができますよね。食費を抑えることもできたり、余ったお金を貯金することもできるので、家庭の恩人と言っても過言ではありません。日々の小さな積み重ねが大きなものになるので、少しでも安くなっている物を買って、貯金をしていきましょう。

■細かくて面倒くさい
主夫力の高い旦那さんには毎日家事をコツコツとしてくれるので、感謝しかありませんよね。感謝はしていますが、少し面倒くさいこともあります。主夫力が高すぎると、こだわりもあるので、いろいろと口出しされることもあります。テキパキと家事をしてくれるのは嬉しいですが、やり方に口出しされるのはやめてほしいですよね。アドバイスの言い方に変えるなどをして、優しく言葉にして伝えてほしいです。

■まとめ
働いている女性や、家事が少し苦手な専業主婦には、主夫力の高い男性はありがたい存在ですよね。しかしあまりにも主夫力が高すぎてしまうと、いい点ももちろんありますが負担にもなるので、気を付けましょう。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ