スピード違反で「誤測定」を疑うべきケースは?

ラジオライフ.com


スピード違反を警察官が待ち伏せして取り締まる「ネズミ捕り」には、速度の測定方法に光電式とレーダー式が存在。おもに都心部では光電式、地方ではレーダー式によるネズミ捕りが行われます。そんなネズミ捕りによるスピード違反には誤測定の可能性があるのです。詳しく見ていきましょう。

スピード違反で「誤測定」を疑うべきケースは?

光電式ネズミ捕りは高い精度を要求


光電式のネズミ捕りは、送受光器と反射器を道路に垂直に、正確に3m間隔で設置します。送受光器と反射器の間をレーザー光が往復しており、前輪のタイヤが横切る時間差を測定します。ここから速度を算出しているわけです。

正確な測定には、ユニット間の距離、設置高、道路に対する角度などの細かい調整が必要になります。時間の測定には非常に高い精度を要求されるため、道路上に凸凹などがあると正しく計測できません。

速度を測定する現認係は測定器近くで、ドライバーから見えにくい位置で待機します。路肩なら配電盤、中央分離帯なら警告灯などの影に身を潜めているのです。

そして、違反車が通過するとすると現認係は速度超過車両のナンバー・車種・色などを、違反車を誘導する停止係に連絡。停止係に止められた違反者は取り調べ係の待つ駐車スペースへ移動して、違反キップが切られるというわけです。

光電式ネズミ捕りに誤測定の可能性


ただし、光電式のネズミ捕りには誤測定の可能性があります。スタートが入る時とストップの入る時にクルマの異なる部分でレーザー光を遮蔽したケースです。道路の凹凸によるクルマの上下動によるピッチングでも正しく計測できません。測定区間を斜めに走行しても誤差が生じそうです。

また、設置場所のかなり手前で速度測定するレーダー式と違って、光電式のネズミ捕りの速度測定は現認係の真横。このため、送受光器や現認係を見つけてからでも速度を落とせば、違反せずにすむ可能性は高くなります。

スピード違反で測定された数値が異常に高いと感じたら誤測定も疑ってみましょう。光電式の送受光器のセッティングミスの可能性もあるので、現場の写真を撮影しておくことも忘れてはいけません。とはいえ、スピードの出し過ぎは危険。制限速度を守って安全運転を心がけましょう。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ