吉岡里帆の「あざとい」バッシングをひっくり返す賭けに? 『レンアイ漫画家』でコテコテのラブコメ挑む

wezzy


 吉岡里帆が2021年4月放送開始のドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)でヒロインを務めることがわかった。

『レンアイ漫画家』は山崎紗也夏による同名コミックの実写化作品。吉岡里帆は主人公の漫画家・刈部清一郎(鈴木亮平)からの依頼で作品のネタ探しのための疑似恋愛に協力する女性・久遠あいこ役を演じる。

吉岡はInstagramで『レンアイ漫画家』出演を告知し、<キュンってなんだーーー>とテンションの高い投稿をしているが、これは彼女にとっても制作スタッフにとっても、ある意味「賭け」だろう。

吉岡はテレビドラマや映画のオファーが絶えない女優だが、人気が急上昇するのと同時期に“女に嫌われるあざとい女”という汚名もついて回るようになった。ネット上ではしばしば理不尽なバッシングの対象となっている。
吉岡里帆はアンチにも丁寧にリプライしていた
 たとえば、吉岡が女優としてブレイクする前に水着グラビアの仕事を経験しているが、インタビュー記事で当時を振り返って、<やりたくないというのは私の偽れない本当の気持ちで、でも、そう思いながらも脱ぐことに意味があると思っていました。嫌なんだけど、自分の夢をつかむために、それをやってほしいと求めてくれる人がいる以上、その人たちに応えるのが私の生き方だということに抗えなかったんです>(2017年10月6日付「She is」)と発言したところ、意図を誤解されて拡散し、「グラビアアイドルをバカにしている」といったバッシング発生した。彼女は過去の仕事に関してためらいがあったと語っただけで、他のグラビアアイドルや、グラビアに関わるスタッフに関する言及はしておらず、理不尽極まりない誹謗中傷だった。

2019年に出演するドラマ『時効警察はじめました』で主題歌を担当する東京事変の応援として『ミュージックステーション』に出演した際も、「主演でもないのに番宣に出るなんておかしい」「視聴者が吉岡里帆の主演だと勘違いする」と、これまた彼女にとって理不尽な批判が集中した。『ミュージックステーション』へのプロモーション出演はテレビ朝日側の意向であり、彼女をバッシングするのはお門違いだろう。

吉岡はこの時、アンチコメントを書いてきたフォロワーのひとりに<わかりました。嫌な思いをされないように気をつけて出演させて頂きます。皆様お忙しいので、沢山の方にドラマを見て頂くために後輩が番宣をするのはとても大切な仕事です。そこだけは分かって頂けると幸いです>と返信している。

同じ年に出演した『FNSオールスター秋の祭典 新ドラマ対抗“生”クイズバトル! メジャーランド』(フジテレビ系)ではこんなこともあった。吉岡のイメージを聞いた街頭インタビューVTRで<牛肉と豚肉の違いがわからなそう><勉強あまりしなそう><漢字が分からなそう。ぎょうにんべんとにんべんの違いが分からなそう><宇宙人と交信してそう。『私、ナントカ星から来た~!』みたいな(ことを言いそう)>といったコメントが流された。

このVTRに対して吉岡は、<世間の方の『宇宙と交信できそう』とかっていうのは意外過ぎて、そういうふうに見られるのも悪くないなと思いました。嬉しかったです、いろんなイメージがあって>と気丈に応じていた。

誰が指揮をとっているわけでもないのに、ネットで一度始まったネガティブキャンペーンはなかなか終わらなかった。出演ドラマの視聴率が振るわなかったことで、「低視聴率女優」と書き立てられるようにもなっていった。

実際、初めて連続ドラマで主演を務めた『きみが心に棲みついた』(TBS系/2018年)は平均7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東/以下同)、同年放送の主演作『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)も平均5.8%と、数字は芳しくなかった。

しかしその数字が、役者としての吉岡の評価と一致するわけではない。ブレイクのきっかけとなった『カルテット』(TBS系/2017年)におけるスパイスの効いた演技は、脇役ながら強い印象を与えた。主演を務めた映画『見えない目撃者』(2019年)における視力を失った元警察官の演技も、多くの観客に支持されている。

そんな吉岡にとって、『レンアイ漫画家』は満を持しての新境地開拓となる作品だろう。前述したようにある意味で「賭け」である。

実は吉岡は、コテコテのラブコメにこれまでほとんど出ていない。『きみが心に棲みついた』は恋愛ドラマではあったが、コメディ要素は薄かった。むしろ『カルテット』で演じた役柄の方が、コミカルだったくらいだ。

『レンアイ漫画家』番組公式サイトに掲載されたインタビューでは吉岡本人が<“ド直球ラブコメ”作品への出演経験がほとんどないので、すごく新鮮に思いました。また、今は明るいエンターテインメントが必要とされているんじゃないかなと、私自身も感じてたので、ポップな笑いやドタバタもあり、さらに愛情いっぱいの作品に出演させていただけることに、本当にうれしく思いました>と話している。

今回のキャスティングは、そうした彼女のキャリアを見越したものでもあるようだ。「毎日キレイ」(2021年2月11日付)で、作品の編成企画を担当するフジテレビの佐藤未郷氏は<“まさにこんな吉岡里帆が見たかった!”という作品になっていると思います。くるくる変わる、その表情豊かな吉岡さんの愛らしさをぜひ楽しみにしていただきたいです>と話している。

ドラマ版『レンアイ漫画家』は原作漫画とは登場人物のキャラクター設定が変わっており、すでに原作ファンを中心に「ミスキャスト」との意見が出ている。しかし、蓋を開けてみなければどう転ぶかはわからない。ラブコメならではの「あざとかわいい」が炸裂し、一気に女性ファンを獲得する可能性もあるだろう。

当記事はwezzyの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ