アンカー・ジャパンがFMトランスミッター4製品の販売中止と自主回収を発表

ガジェット通信



アンカー・ジャパンは、2018年11月9日から販売開始したFMトランスミッター「Anker Roav FM Transmitter F0」について、関東総合通信局から電波法の定める基準値より高い電波強度が確認されたとの指摘を受け、同製品並びに機能が類似する3製品の計4製品について販売を中止、自主回収を実施することを発表しました。

対象製品は下記の4製品。

・Anker Roav FM Transmitter F0

・Anker Roav FM Transmitter F2

・Anker Roav FM Transmitter F3

・Anker Roav FM Transmitter T2

当該4製品はいずれも人体に影響を及ぼしたり、他の機器を破壊する危険性はないものの、電波強度が基準値を上回る製品の使用は電波法により禁止されていることから、当該製品を所有するユーザーには使用を停止して特設窓口へ連絡することを呼び掛けています。

2021年2月8日に関東総合通信局から通知文書を受領後、直営販路での販売を中止。指摘内容について事実確認と原因究明を開始したところ、同製品とその他3製品に指摘内容と同じ事象が確認され、4製品の自主回収を決定したとしています。

原因については、製品の開発段階において、電波法の定めるFM電波に関する基準と認証手続きについて誤った解釈がなされていたと説明しています。今後は電波や無線にかかる法令の再確認を全社的に行うと同時に、法令遵守のための内部統制ルールの厳格化に向けて見直しと体制構築、再発防止策の検討を迅速に進めていくとのこと。

同製品のユーザーに対しては、下記の特設窓口で回収と返金の手続きを案内しています。

【オンライン受付 (24時間)】

https://lp.ankerjapan.com/roav-transmitter-support

【電話受付】

2021年2月16日(火)朝9時より受付を開始。

電話番号は受付開始時刻にAnker Japan公式サイト内プレスリリースページ及び上記オンライン受付ページに追記を予定

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ