追いかけたい!男性が夢中になる【メッセージ】って?

ハウコレ

彼に会えない時は、メッセージを使って彼との愛情を深めていきたいですよね。女性にとっては、頻繁に使うツールではありますが、男性にとっては、用事のことだったり、必要なことを連絡しあうツールなので、意味のない会話は面倒くさいと感じる方もいます。連絡事項だけ伝えて、後のことは何も話さない男性も少なくありません。意味のないメッセージを面倒くさいと考えている男性に惹かれるのはどうすればいいのでしょう。今回は、男性が夢中になってしまう恋愛に効くメッセージの特徴について、ご紹介していきます。

■雑談をダラダラと続けない
彼との楽しい会話を続けたくて、意味のないような雑談をダラダラ続けてしまっている方も、多いのではないでしょうか。雑談は女性の中だとダラダラ続けていても「楽しい」という感覚ですが、男性には用事もないのに面倒くさいと、感じられてしまいます。どうでもいいような会話を延々と続けられると、「終わらしたいな」「やりとりが面倒」と感じるようになるので、メッセージが来るたびに雑談タイムに入りそうだと警戒して、既読無視か未読無視をするようになります。要件以外の雑談は、比較的少なめにしてくれると、男性も気軽にメッセージをしてくれるようになるでしょう。多くの引き出しを持っていて、「そういえば」「でさ」というように、ダラダラと続けるのはやめて、すこしの雑談ですぐに終わらせるようにしましょう。

■彼のことを気遣う内容を送る
「お疲れ様」「体調には気を付けてね」「頑張ってて偉い」などの男性のことを気遣うようなメッセージを送られると、純粋に嬉しくなって、「もっと連絡を取りたい」という気持ちになるようです。彼のことを労わったり、応援するようなメッセージは、恋愛に効くことが多いのでしょう。忙しいときに「忙しそうだね」「体調に気を付けてね」など少し気遣ってくれるだけでも嬉しいようです。自分の都合ばかり考えているような、自分よがりなメッセージは、男性から一番嫌われてしまう内容です。返信がいくら遅くても、返信を催促したりするような「自分都合」のメッセージはしないようにしてください。

■返信のボリュームと返信のペースを合わせる
彼から送られてきたメッセージのボリュームに対して、自分が送ったメッセージは3倍4倍になっていると、彼も文章を考えなければいけなくなるし、文章を読む時間もかかります。返信のペースも、彼は1時間ごとに一回なのに自分は即レスをしていたら、彼から重たいというイメージを持たれてしまうので注意してください。できるだけ彼に合わせたボリュームとペースにすることで、彼の気楽にメッセージを送ってくれます。

■たまにハートの絵文字を使う
彼との連絡のときに、絵文字や顔文字も使ってないメッセージを、送っている方もいるのではないでしょうか。女の子らしい返信を意識して返信してみてください。顔文字や絵文字に慣れてきたらハートマークも使うようにしましょう。ハートを使われるだけで、男性は、少し意識してしまうので、気を引かせることができます。

■まとめ
メッセージは彼にとって連絡事項を伝えるツールであり、男性と女性では使い方が違うので、彼に夢中になってもらうため、ご参考にしてみてください。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ