上白石萌音、大ブレイクの一方で“酷評”のワケ/ドラマ主演女優の憂鬱(3)

アサ芸プラス


 昨年1月、「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)で、ゴールデン・プライム帯に放送される連続ドラマに初主演。作品をヒットさせ、一躍注目女優となった上白石萌音。この1月クールも、「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)で主演を務めており、初回から4話連続で視聴率2ケタ越えと好調だ。

「大手出版社の備品管理部の面接を受けたはずなのに、ファッション誌の編集部に配属。個性豊かな上司や同僚らに揉まれ、戸惑いながらも奮闘し、成長を遂げていくストーリー。上白石の等身大の存在感が光ります」(テレビ誌記者)

今や立派な主演女優。妹の上白石萌歌とともに、今後のドラマ、映画界で大いに活躍しそうだが、なぜか彼女らの活躍を報じる芸能ニュースには、いつも辛辣なコメントが寄せられる。

例えば1月26日、「上白石姉妹 姉・萌音は大河・朝ドラとどこまで続く快進撃」というAERA dot.の記事が配信されるや、〈正直この姉妹の魅力が分からない〉〈姉妹揃って美人ではないし演技がそれをカバーして有り余るとも思えない〉〈ヒロイン役じゃなく、引き立て役の脇役だったらもっと多くの人に受け入れられたかなぁ〉〈持ち上げられれば持ち上げられるほど違和感があり…TVに出てきたらチャンネル替えます〉と、姉妹のブレイクがゴリ押しだと言わんばかりのキツいコメントであふれるのだ。

「多くの視聴者が感情移入しやすい、“どこにでもいそうな感じ”こそ彼女の魅力であり、美人だらけの芸能界にあってキラリと光る個性なわけですが、人によっては“理由もなくチヤホヤされている”と感じてしまうのかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

しょうもない批判が出るのは、ホンモノの人気者になってきた証なのかもしれない。

(露口正義)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ