『監察医 朝顔』新たな挿入歌「鶫(つぐみ)」今夜放送


きょう15日に放送されるフジテレビ系月9ドラマ『監察医 朝顔』(毎週月曜21:00~)の第15話では、シンガーソングライターの折坂悠太が歌う新たな挿入歌「鶫(つぐみ)」が流れる。

「鶫(つぐみ)」のタイトルは『監察医 朝顔』の主人公・万木朝顔(上野樹里)の一人娘であるつぐみ(加藤柚凪)の名前からとっている。「ほらね ごらんよ 夜が明ける」という歌詞で歌われるこの曲は、あらゆる災厄からの夜明けを願うのと同時に、「朝顔」から「つぐみ」へ、親から娘へと、新しい世代への希望のバトンをつなぐ歌となっている。

また、3月10日にリリースされる新作ミニアルバム『朝顔』の作品内容も発表。「鶫(つぐみ)」やドラマ主題歌「朝顔」を含む全5曲が収録される。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ