18歳女子高生シンガーAdo、ボカロP “てにをは”が手掛ける新曲のMV公開

dwango.jp news


デビュー曲『うっせぇわ』が各配信サイトやカラオケチャートなどを席巻している女子高生シンガーAdo

『うっせぇわ』、『レディメイド』に次ぐ新曲『ギラギラ』が2月14日バレンタインデーに配信スタート。 そして『ギラギラ』のミュージックビデオが公開された。 『ギラギラ』の作詞、作曲、編曲を手掛けるのは『ヴィラン』を代表曲に持つボカロP・てにをは。 そして今作のミュージックビデオは沼田ゾンビが担当し、美しい世界観を放った作品に仕上がっている。



Adoは、2020年10月23日にリリースしたメジャーデビュー曲『うっせぇわ』が様々な音楽チャートで 31冠に輝き、話題急上昇中のアーティスト。『うっせぇわ』のミュージックビデオでも歌い手の天月やそらる、まふまふ、そしてガチャピンやムックなどの有名人や大物歌い手に”歌ってみた”カバーされるなど「うっせぇわ現象」を巻き起こし、”聴くと無敵になれる””歌声がやばい””中毒性がありすぎる”と曲の話題と共に視聴回数を伸ばし、公開から3ヶ月で6,800万回を突破。コメントは10万件にも及び、日本語のみならず、英語、中国語、韓国語、タイ語、ロシア語など全世界から注目され勢いが止まることを知らない。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ