ゴールデングローブ賞のジェンダーバランス是正が話題に 目立つ日本映画界の遅れ

wezzy


 アカデミー賞の前哨戦とも称されるゴールデングローブ賞のノミネートリストが今年も発表された。今回のノミネーションで最も注目を集めているのは、監督賞部門においてクロエ・ジャオ(『ノマドランド』)、レジーナ・キング(『あの夜、マイアミにて』)、エメラルド・フェネル(原題『Promising Young Woman』)の、3人の女性が候補入りしたことだ。1944年に初回開催されたゴールデングローブ賞において、監督賞にノミネートされた女性は今回を含め8人のみであり、3人の女性が監督賞候補に挙がったのは史上初となる。

昨年には、グレタ・ガーウィグ監督の『ストーリー・オブ・マイライフ/私の若草物語』やルル・ワン監督の『フェアウェル』、ローリーン・スカファリア監督の『ハスラーズ』など、女性の監督による素晴らしい作品が多く生まれていたにも関わらず、その全てがノミネーションから外されていた同賞だけに、今回の快挙を“前進”とみた人々から喜びの声も上がっている。

ジェンダーバランスの偏重はゴールデングローブ賞に限った問題ではない。過去に累計350人以上が監督賞にノミネートされたアカデミー賞においても、候補に挙がった女性はわずか5人のみ。

こうした映画賞のノミネーションに見られるアンバランスさは、映画業界全体におけるジェンダーバランスの不均衡な状況を示す氷山の一角であるとも言えるだろう。

男性主体の業界構造によってもたらされる深刻な問題が表面化した大きなきっかけは、2017年のハリウッドだった。大物プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインが女性のキャストやスタッフに対し行った性的暴行が発覚したことから、「#MeToo」「Time's Up」の運動が一気に本格化した。

この渦中で行われたアカデミー賞の授賞式では、『スリー・ビルボード』で主演女優賞を獲得したフランシス・マクドーマンドが「よろしければ、女性候補者の皆さん立ち上がってください」「最後にこの言葉を残します。“インクルージョン・ライダー”」とスピーチする一幕もあった。“インクルージョン・ライダー”とは、キャストや製作スタッフの性別や人種構成を多様なものにするために結ばれる映画製作時の契約条項のこと。つまりマクドーマンドは、出演者や製作陣における性別(そして人種)の非対称性を抱えたハリウッドの体質改善を、オスカースピーチの場で呼び掛けたのだ。

業界構造の見直しを目指す運動は、スウェーデンの映画界でも起こっていた。スウェーデン映画協会は、「2020年までに映画業界におけるジェンダーの平等を目指す」ことを意味するスローガン“5050 by 2020”を掲げ、各国際映画祭における審査員の選考方法や上映プログラム構成に関するデータの開示などを求める運動を行った。これにより昨年開催されたスウェーデンのヨーテボリ映画祭では男性と女性の監督による作品が同数上映されている。

カンヌ、ヴェネツィア、ベルリン国際映画祭などもこの運動に賛同する意志を表明した。2018年のカンヌ国際映画祭では、歴代のコンペティション部門選出女性監督数82人にちなみ、ケイト・ブランシェットやアニエス・ヴァルダ監督ら82人の映画関係者によって映画界における男女の雇用機会・賃金格差の平等を訴えるパフォーマンスが行われた。この“5050 by 2020”の重要性について、『シェイプ・オブ・ウォーター』などを手がけたギレルモ・デル・トロ監督は次のように語っている。

「これは“論争”ではなく、現実の問題。まさに今、解決すべき問題なんだ。この問題について呼びかけて、疑問を投げ掛け、指摘して、世間に知らしめることが重要だ」

スペインで開催されるサンセバスチャン国際映画祭は、2019年から上映作品と製作者の男女比率を調査したジェンダー・アイデンティティ・レポートを発表している。ここ数年のレポート結果を受けた同映画祭は「映画業界に女性が参入しやすくなったものの、そこに留まってキャリアを築いていくことの難しさがある環境なのではないだろうか」と分析した。

アメリカで行われた調査では、2007~2016年に製作された1000作品のうち女性監督の80%が10年内で1本限りの製作となっており(男性の場合は55%)、女性主導の作品は男性と比べて予算獲得が困難であることや、製作に関わるチャンスそのものが不均衡であることが明らかにされている。(参照)

ジェンダーに基づいた機会格差を解消すべく、女性の監督が手がける作品を積極的に世へ届けようとする動きも見られている。韓国では、女性の監督や女性が主体的に描かれるインディペンデント作品に特化した映画配信サービス“Purplay”が発足された。

同サービスが誕生した背景には、国際映画祭で高い評価を受けながら、インディペンデント映画という理由で公開や配信機会が得られない女性の監督による作品が多い状況がある。

Purplay代表によると「韓国のクィア映画祭で働いていたときは女性監督による作品が多くあったのに、いざシネコンに行ってみるとそこで上映されているのは男性監督の作品ばかり。(中略)最も重要なのは、女性の映画を誰でも簡単に観賞できるようにすることで、そこから自然とストリーミングサービスという考えに行き着いた」といい、そこから商業映画製作のチャンスをつかむクリエイターが増えればと語った。(参照)

特にここ数年の韓国映画界では、女性の監督による活躍が目立つ。2018年の釜山国際映画祭では上映作品の半数を女性の監督作品が占めた。

昨年にはキム・ボラ監督作品『はちどり』が日本でも多くの動員数を記録。今年もキム・チョヒ監督の『チャンシルさんには福が多いね』や、ユン・ダンビ監督『夏時間』が公開されている。単館上映から人気に火がつき、観客の声によって上映館数を拡げた韓国の女性監督作品の多さからは、インディペンデント作の発信を推し進めるPurplayの試みがいかに重要かがうかがえる。

では、日本の映画業界における実態はどうか。昨年末に行われた東京国際映画祭においては、プログラム作品138本のうち女性の監督作品はわずか16.7%にとどまっており、また先述の“5050 by 2020”については「(運動の署名について)検討を進めている」と賛同の意志表明に至っていない。(参照)

この状況に、同映画祭で観客賞を獲得した『私をくいとめて』の大九明子監督は「商業映画の世界に入って13年。当初はもっと女性のスタッフも監督も少なかった」と語った上で、自身の現場で「この組は女性が多いな」と言われても「地球のバランスからいったらまだまだです」と返し続けていたことを明かした。(2020年11月22日付朝日新聞デジタルより)

日本ではメジャー会社4社がこの20年間で製作・配給した実写の作品のうち、公開された女性の監督作品はわずか3%にとどまっている。この割合は、アメリカの興業収入トップ100作のうち女性の監督作品が4%だった2018年のデータとさほど変わらないように思えるが、先述した様々な取り組みによりその数字は年々増加傾向にあり、昨年には16%と過去最高の記録を残した。

各国の映画シーンでジェンダーバランス改善の声が高まる近年、(少しずつではあるが)実際に変化の兆候がみられているだけに、ここ日本の映画業界でも育成環境や製作といった現場レベルの改革がよりいっそう望まれる。

(菅原史稀)

当記事はwezzyの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ