杉咲花「7人の宿敵」とのバチバチ関係(2)広瀬姉妹へ苦杯の2年後「倍返し」に成功

アサ芸プラス


 業界歴は10年以上の杉咲だが、人気面で立ちはだかってきたのが「芸能界の最強姉妹」広瀬アリス(26)と広瀬すず(22)だ。ドラマ関係者の証言によれば、

「07年に女優デビューして以来、実力派女優の道を歩んできた杉咲に人気格差を思い知らせたのがアリスとすず。近年、杉咲と広瀬姉妹の不仲説は業界内で根強く囁かれています」

アリスとは12年の「黒の女教師」(TBS系)、すずとは15年の「学校のカイダン」(日本テレビ系)で共演しているが、

「いずれの作品も、広瀬姉妹は杉咲より圧倒的にオイシイ役どころ。とりわけ『学校のカイダン』は杉咲が引き立て役で、ヒロインを務めたすずの大ブレイクに一役買った感がありました」(ドラマ関係者)

こうした扱いに、杉咲は複雑な思いを抱いたことだろう。だが、その2年後、機をうかがっていた「倍返し」の瞬間が訪れることになる。

「17年3月に発表された第40回日本アカデミー賞では、杉咲が出演した映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(クロックワークス)と、すずが出演した映画『怒り』(東宝)が最優秀助演女優賞を巡って激突。結果、杉咲の受賞に。表彰式の際、勝ち誇った表情ですずを見つめる杉咲の姿が印象的でした」(ドラマ関係者)

見つめるだけならまだいいほう。橋本環奈(22)とは、かなり険悪な様子が目撃されている。

2人は映画「十二人の死にたい子どもたち」(19年、ワーナー・ブラザース映画)で共演。杉咲は集団自殺を志願する全身黒ずくめのトゲトゲしい美少女役、橋本は人気芸能人を演じた。映画関係者が一触即発の場面を振り返る。

「ロケ現場のすさみきった雰囲気は、今でも忘れられません。杉咲はジャックナイフのような役柄に入り込むあまり、キャストやスタッフとほとんど会話をしない状態。橋本から話しかけられてもガン無視していて、邪険に扱い続けていました」

これがきっかけで、現場に不穏な空気が漂う──。

「そんな杉咲の態度に、気の強い橋本は舌打ちとガン飛ばしで応戦していました。誰もが杉咲のプロ意識によるものだとわかってはいたものの、冗談抜きで、いつ取っ組み合いが始まってもおかしくない、乱闘寸前のムードでしたね」(映画関係者)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ